サロン集客

エステサロンの広告はどう出したらいい?集客が見込める方法は?

  • ENTRY:2022.04.15.Fri

エステサロンを経営している方は集客対策のために「どのように広告を活用していくべき?」という疑問や、広告の効果や出稿の方法について知りたい方も多いでしょう。

この記事では、エステサロンオーナーの方向けに広告の効果や方法、記載の注意点について解説します。

CIN GROUPでは、美容サロンのための効果的な広告出稿サポートや経営アドバイスを行っておりますので、ぜひ参考にしてください。

エステサロンの広告の効果

広告を出す大きな理由としては、多くの人にサロンを認知させることで集客につながることでしょう。

広告を見た方が来店しない場合でも、名前を広めたり存在を知ってもらうといったことは、新規の顧客を増やすために非常に重要なことです。

特に開業したばかりの時は、既存のお客様がいないため、新規集客に力を入れることで経営のスタートを成功させることができます。

また、広告を出すことで、集客サポートや予約管理といった付随サポートを受けられることも新規開業や新規出店を検討している方にとって魅力的と言えるでしょう。

エステサロンの広告の種類

チラシやフリーペーパーを配る

昔から親しまれている広告の方法としては、チラシや地元のフリーペーパーの活用でしょう。

開業する地域に絞って配ることで、リピートに繋がりやすい地元の方から認知されることが大きなメリットと言えます。都会ではなく地方での出店ならば非常に効果的な方法です。

しかし、配る枚数が増えたり、エリアを広げるごとに費用が大きくなりますし、定期的に配布する場合に負担が大きくなります。

そのため、開業時やキャンペーン時といった効果が高い時期に行うと良いでしょう。

Web広告を利用する

インターネットが普及してからは、Webでの広告が一般的となっています。

中でも、ホットペッパービューティーは、広告の効果が高く人気の集客媒体です。

広告を出すだけでなく「サロンボード」と呼ばれる顧客管理ツールを無料で使用することができますし、売上や顧客来店サイクルといった経営戦略を立てる際に活用できるシステムを利用できることが大きなメリットでしょう。

さらに、担当者がつくことで、最新の美容情報や集客ノウハウを教えてもらうことができるため経営初心者の方でも安心して利用できる媒体です。

検索連動型広告(リスティング広告)を利用する

検索連動型の広告では、GoogleやYahooの検索時に、ユーザーがあなたのサロンに関連深い検索をした際に、上部の目立ちやすい箇所に広告が表示されます。一般的にはリスティング広告、yahoo!の場合はディスプレイ広告とも言われます。

例を挙げると、「〇〇市 エステサロン」と検索した際に、一番上に表示されるイメージです。

検索連動型の広告は、ホームページの運用を開始したばかりでも効果が得られますし、検索キーワードやエリア指定が可能です。

費用は1クリックごと発生する仕組みですが、上限金額を設定できるので、予算の範囲で調整することができます。

SNS広告を利用する

最近では、インスタグラムやTwitterなどのSNSを使って集客に活用しているサロンも多いです。SNSの大きなメリットは、拡散性があることに加え無料で運用できる点でしょう。

投稿が話題になれば新規集客にも繋がるだけでなく、一度来店してくれたお客様に向けてキャンペーン情報をダイレクトに送ることもできます。

エステの場合は、女性のアクティブユーザーが多いインスタグラム、10〜20代の若い世代がターゲットならばtiktokがおすすめです。

顧客層に応じて利用するSNSや投稿内容を使い分けることで、効果的に集客に活かせるでしょう。

エステサロンで広告を出すときの注意点

客層に合わせた広告手段を使う

効果的に集客するためには、ターゲットとなる顧客層に応じて広告方法を分けることです。

前の項目でも説明しているように様々な広告方法がありますが、全てを利用するとなると費用が大きくなりますし、管理がとても大変になってしまいます。

そのため、集客効果を最大限に発揮させるために、客層と目的に応じて使い分けることが重要です。

  • メインの客層が10,20代ならばSNS
  • 20〜40代ならばホットペッパービューティー
  • 開業時に周辺地域に絞るならば、チラシやフリーペーパー

といったように各方法で強みとなる分野を活かすことが大切です。

特にSNSやweb広告の場合は、年齢だけではなくユーザー層の特徴を抑えることも重要です。

ホットペッパービューティーは、男女の20〜40代の幅広い世代がコアユーザーですので、男性のターゲットにも向いています。近年のエステ業界は、女性だけでなく男性の利用者も多いので、女性に限定しないサロンにもおすすめと言えるでしょう。

リピート客がみこめる要素を入れる

広告では主に新規のお客様を獲得する目的ですが、長期的に安定した集客を見込むためにはリピート客の増加も大切な要素です。

初めて来店したお客様を取り逃がさないように、ダイレクトメッセージの送信機能や囲い込み戦略に長けている広告サービスを利用すると良いでしょう。

ホットペッパービューティーはもちろん、インスタやLINEからの予約が可能な「リザービア」といったシステムなどもおすすめです。

規制にひっかかっていないか確認する

広告を出稿する際には、ビフォーアフターの掲載や記載に注意しなければいけません。

特に、自分自身で広告を作成したり、美容関係の広告に強い業者に依頼してしまうと法律に反してしまう可能性があります。

広告を出す際には、自分で出稿する場合だけでなく、美容業界に強く、しっかりと規約を守っている広告業者を選ぶことが大切です。

禁止されている表現に関しては、下記の項目で説明しますので参考にしてください。

エステサロンで広告を出す際の禁止事項

景品表示法に違反する表現

景品表示法は美容関係だけではなく、すべての広告に対して規制される法律です。該当する広告は下記のようなものです。

  • 誇大広告
  • 虚偽広告
  • 比較優良広告
  • 体験談
  • ビフォーアフター

例えば、業界No.1などの数字を使った表現を行う際には、データでの証明や根拠が必要となります。

他には、「絶対に〇〇kg痩せます」といった広告や、使用する画像を極端に加工することも規制の対象となります。

参考:景品表示法 | 消費者庁

薬機法に違反する表現

薬機法とは、医薬品、医療器具、化粧品の販売・製造・安全対策をするための法律です。

エステサロンでは、化粧品を取り扱うことも多いですので、施術や商材の広告は注意しましょう。

「シミやシワがなくなる」「部分痩身(痩せ)」「体質改善」といった表現もしてはいけません。

特に、エステサロンは医療行為を行う場所ではないため「治療」や「治す」といった表現や、国家資格が必要な「マッサージ」、「永久脱毛」といった表記も使用することができません。

広告だけでなく、パンフレットや店内のポップといった細かいところまで気をつけましょう。

まとめ

新規集客を効率的に行うためには、多くの方にサロンを認知してもらい、来店のきっかけを作り出すことが重要です。

また、広告を出稿する際の注意点についても説明しましたが、自分自身で作成する場合には法律をしっかりと守れているか不安でしょう。

CIN GROUPでは、ホットペッパービューティーを活用した集客対策はもちろん、広告を出す際の厳正な審査を行いながら原稿作成を行っております

広告をどのように出せば良いのかわからない、ホットペッパービューティーに広告を出して集客したい!といったサロンオーナーの方は、お気軽に弊社までご相談ください。

 

ホットペッパービューティー 掲載料金のご確認はこちら

0120-955-323
LINEでお問い合わせ

関連記事
【1店舗平均300万円も受給可能!?】エステサロンで活用できる助成金一覧を紹介!
エステサロン開業に利用できる補助金とは?種類や助成金との違いまで解説!
美容系で起業したい!気をつけるべきことや必要なことを紹介

よろしければこの記事をTwitterでシェア♫