サロン集客

エキテンとホットペッパーの違いは何?それぞれの特徴を紹介

  • ENTRY:2022.04.18.Mon
  • | UPDATE:2022.08.26.金

美容サロンを経営されている方や、これから開業を検討している方の中には、新規集客を増やすためにポータルサイトの活用を検討している方も多いのではないでしょうか?

美容系の集客媒体の中でも、無料で掲載が可能な「エキテン」や、業界最大手の「ホットペッパービューティー」の掲載を一度は検討したことがある方も多いはずです。

この記事では、美容サロンを経営している方向けに「エキテンとホットペッパーはどのくらい違うの?」、「集客にはどちらのサービスの方が効果が高いの?」といった疑問にお答えします。

CIN GROUPでは、効果的な集客媒体の活用方法や経営ノウハウに強みがありますので、ぜひ参考にしてください。

~弊社のサービス~

test

【CIN Beauty Select】
人気店販商品・V3ファンデーション

test

【CIN Beauty Shelf】
ネイル・マツエク商材ECサイト

test

助成金詳細・申請ページ

test

リジョブ掲載について

エキテンとホットペッパービューティーの違い

こちらの項目では、エキテンとホットペッパービューティーの違いをわかりやすく、表を使用しながら解説します。

掲載店舗数・利用ユーザー数

掲載店舗数 利用ユーザー数
ホットペッパービューティー 11万店舗以上
(ヘア 49,000店舗
美容 62,000店舗)
約3,500万人
エキテン 519万 750万人

(ホットペッパービューティー 2021年時点データ、エキテン 2019年データ)

上の表に記載されているように、エキテンはホットペッパービューティーと比較すると、大きな差があります。

掲載店舗数の大きな差がでる理由としては、エキテンは美容サロンに限らず幅広い業種で可能であることと、無料で掲載できることでしょう。

一方のホットペッパービューティーは美容系の業種に特化して掲載しているため、掲載店舗数が少なく見えるという特徴があります。

しかし、美容サロンの掲載に焦点を当ててみると、相対的に見るとホットペッパービューティーの方が利用者数が多く、美容に特化していることからも集客効果が高いと言えるでしょう。

掲載業種

掲載可能店舗
ホットペッパービューティー ヘアサロン
ネイルサロン
エステサロン
マツエクサロン
整体院
リラクゼーションサロン
美容クリニック
エキテン リラクゼーション
ボディケア
ヘアサロン
ネイルサロン
歯科・矯正歯科
習い事・スクール
医院・クリニック
グルメ
ショッピング
リサイクル・中古買取
ペット・動物

ホットペッパービューティーは美容系に特化していることから、ヘアサロンや美容サロンの掲載が中心となっています。

エキテンは掲載ジャンルが幅広く、美容系の集客に絞っても、ホットペッパービューティーでは掲載できない鍼灸院や接骨院の掲載も可能な点が大きな違いと言えるでしょう。

掲載料金

掲載料金
ホットペッパービューティー  業種・掲載エリアによって異なる
エキテン 無料
正会員 5,500円/月
ゴールド会員 15,000円
プラチナ会員 30,000円

エキテンは、無料で掲載できることが魅力であることはもちろん、有料会員でも毎月5,500円から掲載が可能なため、宣伝広告費に不安がある方でも気軽に掲載できるでしょう。

ホットペッパービューティーは、掲載業種・出店エリア・キャンペーンによって掲載料金が変動するため、公式ホームページでも公表されていません。また、駅やコンビニで配布されているフリーペーパーでも掲載をする場合も料金が変わります。

そのため、ホットペッパービューティーの掲載料金を知るためには、資料請求やお問い合わせをする必要があります。

下記フォームからお問い合わせが可能ですので、掲載料金が知りたい方はお気軽にお問い合わせください。

参考:店舗の口コミ・ランキングサイト | エキテン

 

ホットペッパービューティー 掲載料金のご確認はこちら

0120-955-323
LINEでお問い合わせ

エキテンを使うメリット

無料で掲載できる

エキテンの最も大きなメリットとしては、無料で掲載が可能なことです。

美容サロンが占める経費の内、宣伝広告費は15〜20%程度と言われていますので、無料で集客対策を始められることは魅力的でしょう。

エキテンだけでなく、ホットペッパービューティーとの併用や、他の集客対策に投資も気兼ねなく行えるでしょう。

店舗の基本情報を掲載が可能ですし、ホームページの役割を果たすことになるため無料登録をしておくこともおすすめです。

さまざまな業種で使える

エキテンで掲載可能な業種は、前の項目でも説明しているように、様々な業種の店舗の宣伝ができるので幅広いサービスに対応することが可能です。

リラクゼーションサロンや整体院の集客が比較的強いと言われていますが、店舗拡大をする場合や、新規業種での掲載を始める時には費用をかけずに継続利用できます。

店舗で役立つツールも配布

エキテンは無料で下記ツールを利用することができます。

  • アクセス解析
  • ユーザーへのプッシュ通知
  • クーポンの発行

集客は広告を打つだけでなく、ユーザーの興味・行動・予約の流れを分析し、新規・リピート顧客数の増加が大切です。

これらの集客対策に活かせるアクセス解析や、囲い込みに必須であるクーポンの発行や、プッシュ通知の利用が可能なことも大きなメリットでしょう。

エキテンを使うデメリット

有料でないと上位表示されにくい

エキテンは無料で掲載が可能ではありますが、無料掲載の場合は、表示順位が低いため閲覧数は決して多くありません
無料掲載をしている方も多く競合数が多いため、業種やエリアを絞っても有料会員にならなければ上位表示は難しいと言えるでしょう。

そのため、エキテン内で効果を高めるためには有料会員となることを検討することになりますが、費用対効果を考慮すると他の集客媒体にした方が優れている場合も多いです。

他店との差別化が難しい

エキテンはページデザインが固定で決まっているため、掲載している情報で他店との差別化が難しいと言えるでしょう。

自店の魅力を打ち出したデザインにしたい!店舗イメージを明確に伝えたいといったサロンオーナー様は、ホームページを用意したり、デザインに強い集客サイトを選ぶ方が良いかもしれません。

ホットペッパービューティーを使うメリット

集客力が非常に高い

ホットペッパービューティーは、集客媒体最大手と言われていることもあり、美容業界に特化しているプラットフォームと比べても利用者数や掲載店舗が多いです。

アクティブユーザー数が非常に多く、圧倒的な集客力を誇っています。

エキテンもGoogleやYahoo!の検索時に「エリア+業種」での検索時に上位に表示されやすいですが、美容系のワードはホットペッパービューティーの上位表示率が非常に高いです。

美容業界で最も集客力がある予約サービスですので、集客力に困っているサロンは利用価値のある媒体と言えるでしょう。

自社のHP作成に時間をかける必要がない

集客対策やブランディングのためにホームページの作成を検討しているオーナーも多いでしょう。

また、ホームページを通して本格的に集客対策を行うことになると、長期間の対策や費用が高額になります

サロンの運営管理をしながら、ホームページの改良を進めることは多くの経営者にとって大きな負担となるでしょう。

しかし、ホットペッパービューティーに掲載することで、ホームページ代わりとして活用できますし、大きな集客効果を見込めるため費用対効果は大きくなるでしょう。

便利なサロンボードを使える

ホットペッパービューティーに掲載をすると、顧客管理や予約管理に必要な機能を備えている「サロンボード」を利用することができます

集客対策だけでなく、複雑になりがちな顧客管理ができますし、高度なデータ分析が可能となります。

エキテンは無料掲載はできるものの、予約までとなると有料会員に限定されてしまいます。

有料会員も集客サイトの中では、掲載料金は安価に抑えることができますが、費用対効果の面ではあまり大きな期待はできません。

ホットペッパービューティーに掲載をするだけで、集客対策・顧客管理・経営戦略のシステム作りが可能になるのは経営者にとって大きな魅力と言えるでしょう。

下記記事では、サロンボードについて紹介していますので、気になる方は併せてご覧ください。

ホットペッパービューティーを使うデメリット

掲載料が高い

ホットペッパービューティーの掲載料金は、公式ページでも公表されてはいないものの、実際に掲載をしている方は「掲載料金が高い」という意見も見かけます。

特に東京や大阪の中心地では、掲載店舗が非常に多く、中価格帯のプランでも上位に表示させることが難しい場合があります。そのため、ハイプランを選択しなければ、上位表示されないことも多いでしょう。

ホットペッパービューティーは、年間契約の場合ならば月額料金を抑えることができますが、それでも最も高いプランは資金力がないサロンは厳しい出費となります。

そのため、効果を出すためには、出店エリアに強い担当者の方と相談して適切なプランを選ぶようにしましょう。

初回クーポンの利用ばかりになってしまうことがある

全てのポータルサイトに言えることではありますが、初回クーポン目当てのお客様ばかりを集客してしまうとリピート率が低くなってしまいます。

早急に新規集客を獲得したいサロンは、初回限定クーポンで大幅な割引を行うことがありますが、通常料金の差が大きいと2回目の集客難易度は非常に高くなります。

そのため、新規クーポンと通常クーポンの料金差を大きくしすぎないことが重要となりますが、価格競争が激しいエリアだと集客は難しくなってしまうかもしれません。

価格で勝負するのではなく、あなたのサロンの価値を売り出すことが重要となることを忘れないようにしましょう。

まとめ

この記事では、エキテンやホットペッパービューティーを利用して集客対策を行おうと検討されている方向けに、両者の違いやメリット・デメリットについて解説しました。

エキテンは無料で利用できるので、認知度を高くするために使用したり、利用できるツールを活用したいといった方におすすめです。

しかし、本格的に集客対策をするのならば、美容に特化した集客サービスであるホットペッパービューティーを活用する方が効果は高いと言えるでしょう。

CIN GROUPでは、エリア情報や美容業界の最新情報に詳しい担当者が、集客対策や経営アドバイスを行っております。

ホットペッパービューティーや集客媒体に興味がある方は、お気軽に弊社までご連絡ください。

 

ホットペッパービューティー 掲載料金のご確認はこちら

0120-955-323
LINEでお問い合わせ

関連記事
【2022年最新版】ホットペッパービューティーの掲載料金はいくら?
ホットペッパービューティーは無料で掲載することができるの?
エステサロン開業に利用できる補助金とは?種類や助成金との違いまで解説!
【オーナー必見!】美容サロンでおすすめの予約管理システム「リザービア」とは?
エステやサロンの予約管理システムは?ホットペッパービューティーが便利!

よろしければこの記事をTwitterでシェア♫