サロン集客

エステサロンのチラシの効果は?集客率が上がる内容・デザインとは?

  • ENTRY:2021.07.16.Fri

お客様を増やす方法として、長い間定着してきたチラシ広告。

ホットペッパービューティーなど、インターネットを利用した集客媒体も増えている中でも、効果的に作成すれば予想以上の集客ができます。

この記事では、約1,000店舗以上のエステサロンの経営に携わってきたCINグループが、集客に効果的なチラシの作成方法について紹介しますので、ぜひ参考にしてください

お客様がエステサロンのチラシの見る部分


チラシを作成するにあたって、お客様がチラシのどこの部分、どういった内容に注目するのかを理解しておきましょう。

①対象者

まず、お客様が注目するところは「サロンのターゲットが自分に合っているのか」です。

痩せたいと思っている人は「痩身」、脱毛をしたいと思っている方は「脱毛」に興味がありますよね?

さらに深堀すると、どういった悩みを持っている人におすすめなのかについても記載しておくと悩みを解決したいと思っている方や、改善したい問題が解決できるかもしれないと思ってもらうことができます。

自分がこのサロンの対象者になるかということを、チラシをぱっと見ただけでわかるようにしましょう。

②効果

①で興味を持った方は、次にどのような施術を受けることができるのかを知りたいはずです。

この部分では、施術の効果を忘れずに訴求しましょう。効果がわかりやすい施術前後の写真があるとイメージしてもらいやすいです。

使用している機材の性能などを紹介しているチラシを見かけますが、利用者が気になっている部分のほとんどは「どんな変化が得られるのか」なので、難しい話よりもわかりやすく効果を伝える方が良いでしょう。

③価格

価格はメニューと合わせて、わかりやすい場所に記載しましょう。

「行きたい!」と思っていただいたとしても、どのくらいの価格帯なのかわからない状態で来店する人はいません。

「詳しくはホームページで」と省略してしまうサロンもありますが、価格を知るために検索が必要になってしまいます。なるべくお客様にとって、予約までスムーズに行えるようにすることが大切です。

④サービス

興味を持ち、価格を考慮しても「行ってみたい」と思っても、すぐに予約に踏み切る方は決して多くはありません。

それは、「本当にこのエステサロンを選んでも損はしないのか?」、「評判はどうなんだろう?」といった不安が生まれるからです。

最終的に、お客様に予約・来店してもらうことが目標ですので、その不安を解消する必要があります。

例えば、店舗独自のサービス紹介であったり、手厚いフォロー、効果が得られなかった時に対応などでしょうか。

さらに、顧客満足度のアピールであったり、お客様の声などを記載しておくと信頼感を抱いてもらいやすいです。

エステのチラシで狙いたい効果とは

最初に挙げた4つの項目以外にも、チラシに書いておくと良いものを紹介していきます。

通いやすさ

立地やアクセスの方法なども記載しておくと良いでしょう

利用している駅から近いと「そういえばこの前チラシで行ってみたいサロンあったな」と思い出してもらい、帰宅ついでに来店してもらえるかもしれません。

地図だけでなく駅からのアクセス方法を紹介しておくと、お客様がサロンの名前を覚えていなくても、Mapで調べることなく来店してもらうことができます。

信頼感

サロンの外装や内装、さらには施術者の実績を記載しておくことも効果的です。

「本当にこのサロンは行く価値があるのか」と半信半疑のお客様にとって、実績をアピールすることで信頼してもらいやすくなります。

  • 資格や経験
  • これまでの施術を受けたお客様の数
  • 美容サロン関係の特別な賞の受賞歴

高単価のサロンの場合は実績を打ち出さないと、お客様から信頼されにくい傾向がありますので上記のような項目をアピールすると良いです。

オリジナリティ

今やエステサロンはコンビニの数よりも多いと言われています。
つまり、似たような店舗が近くにたくさんあり、競合店舗が多いというのが現実です。

その中で、「あなたのサロンが他の店舗とどのような点で違うのか」、「なぜ他のサロンではなくあなたの店舗を選んだ方が良いのか」を上手く伝える必要があります。

あなたのサロンの強みを打ち出し、この施術は他の店舗に絶対に負けない!といった自信が伝わるようにアピールしましょう。

クーポンやキャンペーン情報

チラシには割引クーポンや、お得なキャンペーンの情報を載せておきましょう。

もし、予約をしたいと思わせることができなくても少しでも興味がある場合、お得なクーポンなどを掲載しておくと「捨てずに一応持っておこう」と思う方も多いです。

マンションでは、いらないチラシはすぐに捨てられるようにリサイクルボックスが備えつけられている場所もあります。

クーポンをつけることで、予約率アップも期待できますが、チラシを保存してもらうことも期待できることがポイントです。

エステのチラシの作り方

パソコン

もし、パソコン操作が得意なスタッフがいる場合は、Adobeなどのイラスト作成ソフトで作成することが可能です。

パソコンでチラシを作ることができれば、新しいキャンペーンを出すときやリニューアルオープンの情報についても早く伝えることができます。

ソフトを利用してチラシを作ることに慣れてくれば、おしゃれなチラシも時間をかけずに作成することができるようになりますし、集客力UPにつながるはずです。

チラシ作成以外にも、メニュー表の作成などにも応用できる技術ですので、パソコン操作スキルの習得も検討してみると良いでしょう。

手書き

スタッフにパソコンが得意な方がいない場合は、手書きでチラシを作ることも1つの方法です。

パソコン操作に慣れていない場合は、手書きの方が早く作成できますし、デザインも知識なしで好きなようにアレンジできるでしょう。

手書きの方が温かみが出ますし、オリジナリティーも出すことができる点も魅力ですし、得意な方でしたら最初からおしゃれなチラシを作ることもできます。

外注する

パソコンのソフトを使ってチラシを作成するのは難しいし、手書きでのチラシ作成も自信がない、あるいは施術以外であまり時間を使いたくないという方は外注して作成してもらうことも検討しましょう。

費用はデザインや発行する枚数によっても異なりますが、B4サイズ10,000部で3万円〜となっています。

オープンする際にだけチラシを作りたいなど、これから頻繁にチラシの作成を予定していない方は外注してしまう方が良いかもしれません。コストはかかってしまいますが、手間をかけずにおしゃれなデザインのチラシを作成できるため、最初は外注してみるといった選択も有効です。

集客率がアップしたエステのチラシのコツ

訴求内容の選定

チラシの目的は、なるべく絞った方が良いです。

たくさんの施術メニューをチラシに載せても、それは広告というよりはメニュー表に近くなってしまいます。

新しい施術1つの紹介にしたり、割引のキャンペーンを行うのかなど、目的がはっきりとしていた方が集客効果は高いです。

チラシを出す目的がはっきりしている方が、ターゲットが明確になりますし、興味をひきやすいことを覚えておきましょう。

クーポン・特典をつける

予約・来店を促す意味でも、クーポン・特典をつけることも大きなポイントです。

  • 〇〇円引き
  • 〇〇日限定
  • 先着〇〇人限定
  • 〇〇プランお試し特典付き

など、「普段より安くなるんだったら試してみようかな」、「早めに予約しておいた方が良いかな?」と思ってもらえるようにインパクトのある文言を使うことで、行動を促すことができます。

コンセプトに沿って作る

チラシ1つを作る時でもサロンを開業するのと同じように、コンセプトがあった方が良いです。

店舗の雰囲気に合わせて、高級感のあるチラシにして高単価を狙うのか、それともカジュアルな雰囲気で多くのお客さんを獲得するのか、などどんなお客様に来て欲しいのかをイメージしながら作成しましょう。

サロンのコンセプトに合致したお客様を獲得することで、リピート率も向上します。

評価を掲載する

実際の口コミやレビューなど、お客様の実際の声もいくつかチラシに掲載しておきましょう

店舗が「自分のサロンは良いサロンですよ」と伝えるよりも、実際に利用したことがある人からの評価の方が、新規のお客様には影響力があります。

来店前に抱えている不安や、本当に効果があるの?といった疑問を持った方に対しての答えとなる口コミを選ぶことで、安心感を与えることができます。

アクセスを載せる

店舗までのアクセスも忘れてはいけません。

簡単な地図はもちろん、目印となる近くの店舗や外観も一緒に載せておきましょう。また、住所や電話番号も掲載しておくと、地図アプリで探しやすくなるので、お客様も助かるはずです。

予約の仕方を記載する

チラシを見てすぐに予約をしたいと思ってもらったお客様の気が変わらないように、予約までの方法についてもわかりやすく記載しておきましょう。

  • LINEでのお問い合わせならQRコードや友達番号
  • ホットペッパービューティーの集客媒体ならURLや詳細な予約の方法
  • 対応可能な営業時間(電話番号、メールアドレス)

を書いておくことをおすすめします。

まとめ

実際にチラシを見て予約がしたくなるように、お客様の気持ちを考えた上で作成しましょう。

  • まずは注目してもらう
  • 対象となる人、おすすめの人を明確にする
  • どんな効果を得られるのかを説明する
  • 実績やお客様の口コミを掲載して信頼感、安心感を与える
  • 予約してもらう

実際にチラシを見て予約がしたくなるように、お客様の気持ちを考えた上で作成しましょう。

また、チラシは限られたスペースで必要な情報を記載しなければいけないため、いくつかの種類を分けて効果が高いものを選んで効果を分析していくことがおすすめです。

チラシは今でも宣伝効果のある集客方法ですが、やはりインターネット広告の方が主流となってきています。

初めて来店した時のきっかけが「インターネットで知った」というのが、8割を超えていることからもわかるように、集客媒体を活用する方が集客効果が高いと言えるでしょう。

広範囲で集客できるだけでなく、クーポンの変更、情報を早く伝えられるといった部分はチラシではなかなか太刀打ちできません。

特に若い方がターゲットとなると、これからの予約はアプリを経由することが当たり前となります。

ホットペッパービューティーは、美容集客媒体の中で最も会員数が多く集客力が高いです。

CINグループでは、1,000店舗以上の美容サロンの経営に携わり、多くの店舗の経営改善をサポートしております。もし、まだホットペッパービューティーで広告を出していない方は、お気軽に弊社までお問い合わせください。

 

ホットペッパービューティー 掲載料金のご確認はこちら

0120-955-323
LINEでお問い合わせ

関連記事
エステサロンの惹きつけるキャッチコピーで集客に差をつける方法を解説!
エステサロンの内装にかかる費用、色やデザインのポイントについて解説!

よろしければこの記事をTwitterでシェア♫