サロン集客

業務用脱毛器を選ぶには?種類・値段・おすすめランキング解説!

  • ENTRY:2022.04.11.Mon
  • | UPDATE:2022.08.18.木

脱毛サロンを経営するために、必ず用意しなければいけないのは業務用の脱毛器です。

幅広い世代で脱毛の人気が高まったことにより、脱毛業界も賑わい、業務用脱毛器の種類も大幅に増えています。

脱毛器は高額ですので「しっかりと効果を出せるものを選びたい。」、「購入で失敗したくない。」といった経営者の方も多いはずです。

この記事では、業務用脱毛器の種類や購入時のポイントについて解説します。

CIN GROUPでは、脱毛機器の購入サポートや、脱毛購入に活用できる助成金の申請アドバイスを行っておりますので、ぜひ参考にしてください。

~弊社のサービス~

test

【CIN Beauty Select】
人気店販商品・V3ファンデーション

test

【CIN Beauty Shelf】
ネイル・マツエク商材ECサイト

test

助成金詳細・申請ページ

test

リジョブ掲載について

業務用脱毛器の3種類

業務用脱毛器の種類は大きく分けると「SHR方式」、「IPL方式」、「レーザー方式」の3種類に別れます。

脱毛サロンの場合は、「SHR方式」や「IPL方式」のような光脱毛によって、メラニン色素に反応する光を照射することによって減毛を促します。

レーザー脱毛は医療クリニックが使用し、毛根を死滅させる方式です。

つまり、永久脱毛をアピールすることができるのは、医療クリニックによるレーザー脱毛のみで、美容サロンの光脱毛は減毛を目的とする施術となります。

【業務用脱毛器】SHR

SHR方式は光脱毛の1つであり、毛包全体の発毛組織に熱を連続で与えることで、毛を再生しにくくする脱毛方法です。

肌のダメージや痛みが少ないことが特徴であり、発毛周期や肌や毛の色に影響されずに施術できると言われています。

肌へのダメージが少ないことから肌トラブルが少ないことや、施術時間が短く済むことから最近では人気の施術方法です。

【業務用脱毛器】IPL

IPL方式は、SHRと同様に光脱毛の一種で、多くの脱毛サロンが導入している脱毛方法です。メラニン色素にして発毛組織に、熱ダメージを与えることで減毛させます。

メラニン色素にダメージを与えるため、毛周期に合わせた脱毛方式が必要であり、産毛や色素が薄い毛に対しての効果は不向きと言えるでしょう。

また、施術中の痛みが強いため冷却のケアが必要になることも特徴です。

【業務用脱毛器】レーザー

業務用の脱毛器の中でもレーザー脱毛は、上記で説明している光脱毛の機器とは異なり、医師や看護師の医療資格を持っている方しか使用することができません

医療機器認可が必要なため、美容サロンの場合は購入して「永久脱毛が可能」と謳って使用することは法律違反となります。

そのため、美容サロンは資格がなくても扱える光脱毛の機器を使用することが原則です。

業務用脱毛器の値段

業務用脱毛器の導入コスト

業務用脱毛器の導入コストは、1台あたり150〜300万円ほどが相場です。

これから脱毛サロンの開業を検討されている方にとっては、物件取得費用についで機器導入費用がかかるでしょう。

頻繁に買い換えるものではないため、メンテナンスやアフターサービスがある業者の機器を選ぶことが重要です。

業務用脱毛器のランニングコスト

脱毛器は初期費用だけでなく、ランニングコストの面も考慮しなければいけません。

ランプの交換費用や総ショット数によって交換頻度が変わります。そのため、ランプの交換頻度が少なく、1ショットにかかるコストが小さいものを選ぶのがおすすめです。

さらに、脱毛器は高出力の光を出すことになるため、高性能な機器でも故障することはよくあります。メンテナンスの費用が安いことや、無料のサポート期間が長いことなども購入前に確認しておくことが大切です。

業者によっては、メンテナンスサポートだけでなく、集客や経営ノウハウブックなどがもらえるといった特典を提供していることもありますので、開業を検討されている方には嬉しいでしょう。

業務用脱毛器おすすめランキング

【業務用脱毛器おすすめランキング1位】 IDEA LIGHT(イデアライト)

イデアライト(IDEA LIGHT)は、上記で説明しているIPL方式とSHR方式の他に、独自方式であるE-lightという3つの方法での脱毛が1台で完結します。

脱毛効果が高いことはもちろん、機器の導入費用だけでなく、1ショットあたりのコストが低いためランニングコストを抑えることができます。さらに、売上UPツールや集客サポートが充実しているため、新規開業を検討されている方にもおすすめです。

200万円以下で購入できるためコストパフォーマンスが高いですし、300万円を超える機器よりも効果が出ると評判となっています。

【業務用脱毛器おすすめランキング2位】CLEAR/SP-ef(クリアエスピーエフ)

CLEAR/SP-ef(クリアエスピーエフ)は、人気のSHR方式をさらに進化させた「THRモード」を搭載することで、痛みを軽減した脱毛器です。
脱毛モードも充実しており、メンズ向けの「ダンディー」、女性向けの「レディース」、子供向けの「ジュニア」の各種モードが用意されています。

最近では、女性だけでなく男性やお子様向けの脱毛も普及しているため、幅広いニーズに応えたいといった脱毛サロンに向いているでしょう。

参考:業務用脱毛器【公式】 CLEAR/SP-ef(クリアエスピーエフ)

【業務用脱毛器おすすめランキング3位】epi Move(エピムーヴ)

epi Move(エピムーブ)は、IPL・SHR方式の2種類の脱毛方式を使用することができることに加えて、バストアップやフェイシャルのメニューにも活用することができます

出力レベルは業界最大レベルのため、二度打ちする必要がなく一度の照射での脱毛が可能です。

そのため、全身脱毛でも12分のスムーズな施術を行えるため、顧客単価UPも期待できるでしょう。

参考:epi Move(エピムーヴ) 次世代スピード脱毛器

【業務用脱毛器おすすめランキング4位】BYMACH(バイマッハ)

BYMACH(バイマッハ)は、IPL・SHR方式の両方のモードに対応しています。

さらには、3種のコラーゲンとヒアルロン酸、15種類の美容エキスが配合されている拭き取り不要の専用ジェルによって、さまざまな美容効果が得られることも特徴です。

機材の費用は約400万円のため高額ではありますが、マシンの保証期間は5年間と長く、購入から1年間に脱毛効果がない場合は、全額返金・返品できることも安心して導入できるでしょう。

参考:業務用脱毛器 BYMACH(バイマッハ)

【業務用脱毛器おすすめランキング5位】CYBE DUO(キューブデュオ)

CYBE DUO(キューブデュオ)は、タワー型でスリムな連射式の脱毛機器で、本体価格が138万円と圧倒的な導入コストが魅力の業務用脱毛器です。

本体価格が安価なだけでなく、付属品や導入時の講習も含まれています。機器の購入の支払い方法も分割・クレジットカード支払いもできますしリース契約も可能です。

導入コストを抑えたい、開業費用に悩まれている方は検討してみると良いでしょう。

参考:CYBE DUO(キューブデュオ)

【業務用脱毛器おすすめランキング6位】 Masterlight(マスターライト)

Masterlight(マスターライト)は、S-IPL方式を採用している完全日本製の脱毛マシンです。

IPL脱毛は痛みが強い脱毛方法ではありますが、マスターライトのS-IPL方式では、高速かつ痛みの少ない施術が可能となり、お客様のストレスを軽減することにも繋がります

マシンに不具合が生じた場合、営業時間内であれば1時間以内に対応すると掲げていることからもサポートに注力しているマシンと言えるでしょう。

料金が490万円と高額ではありますが、ローンでの購入やリース契約も相談によっては可能となっています。気になる方は販売会社に確認してください。

参考:Masterlight(マスターライト)


業務用脱毛器をレンタルする場合のメリット・デメリット

レンタル、リース契約とは

業務用立脱毛器は、購入の他にレンタルやリースをする方法もあります。

毎月定額支払うことで脱毛器を使用することができ、初期費用が少ない方でも高額な機材を導入することが可能です。

毎月の支払いの場合でも半年や一年契約となり、途中解約の場合に追加で費用がかかることもあります。

しかし、レンタルやリースを検討されている方は、十分な開業費用を貯めることができない方にとって非常に有効な方法と言えるでしょう。

業務用脱毛器をレンタル・リースする場合のメリット

業務用の脱毛器は数百万円を超える非常に高価なものです。機器を揃えるためにはまとまった資金が必要となるため、一括で購入が難しい方は機器をレンタルするという選択肢があります。

ローンを組むことができなかったり、十分な融資を受けることが難しい方は前向きに検討すると良いでしょう。

また、150万円以上の機器は固定資産税の課税対象になりますが、レンタルの場合は経費として計上することが可能です。

さらに、数百万円の機材の購入は経費を一括で計上することができず、減価償却によって計算しなければいけません。

毎月一定の金額で経費にすることができるので、帳簿を簡単に済ませることができることもメリットと言えるでしょう。

業務用脱毛器をレンタル・リースする場合のデメリット

業務用の脱毛器は、新しい機種であるほど効果が高いです。しかし、レンタルできる機種は型落ち機種であったり、選びたい型を選べないケースがあります

さらに、レンタルする業者によっては、ハンドピースや専用の付属品の購入が必要なこともあり追加で費用が発生する場合もあります。契約期間が定められている場合は、更新料が必要であったり、途中で契約を解除する際には契約解除料がかかることもあるでしょう。

長期間のレンタルを考えると、購入して使用するよりも高額になってしまうこともありますので、予算に余裕があるのならば自費で機器を揃える方が良いかもしれません。

まとめ

脱毛サロンが主に利用している業務用の脱毛器の種類は「SHR」と「IPL」の2種類があり、医療クリニックではレーザー脱毛器が利用されています。

業務用脱毛器は最低でも150万円ほどするため、予算の状況によってリースを選ぶことも検討しましょう。

業務用脱毛器の購入する際には、初期費用・ランニングコストといった費用面の他に、メンテナンスサポートや、集客・経営ノウハウを提供してくれる業者を選ぶことがポイントです。

CIN GROUPでは、コストパフォーマンスが高い脱毛機器を取り扱っております。気になる方は、デモ機の利用も可能ですのでお気軽にご連絡ください

~弊社のサービス~

test

【CIN Beauty Select】
人気店販商品・V3ファンデーション

test

【CIN Beauty Shelf】
ネイル・マツエク商材ECサイト

test

助成金詳細・申請ページ

test

リジョブ掲載について

関連記事
脱毛サロンのカウンセリングのコツは?カウンセリングマニュアル
脱毛サロンを経営するなら持っていると良い資格を紹介します!
エステサロン開業に利用できる補助金とは?種類や助成金との違いまで解説!

よろしければこの記事をTwitterでシェア♫