サロン集客

ホットペッパービューティーの仕組みを解説!「料金が高い」と感じてしまう謎とは?

  • ENTRY:2020.10.23.Fri
  • | UPDATE:2021.02.15.月

今では、リクルートの看板サービスとなっている「ホットペッパービューティー」。ベテラン芸人から話題の女優を起用したCMで大々的な広告を打ち出していますね。

 

事実、ホットペッパービューティーの集客力は圧倒的で、他の美容集客媒体を寄せつけていないのが現状です。

美容室を含め美容サロンは増え続け、日本全国のコンビニの件数の5倍もあると言われています。美容サロンが増える一方で、顧客獲得の需要が増していることもあり、ホットペッパービューティーでの広告を検討しているサロンオーナーは多いのではないでしょうか?

売上を確保するために、ホットペッパービューティーの利用を検討している方に向けて、

・ホットペッパービューティーの集客の仕組み

・ホットペッパービューティーが美容集客媒体で一強の理由

・「掲載料金が高い」と感じてしまう理由

をこの記事では解説します
ホットペッパービューティーの仕組みを徹底解剖!

掲載料金と表示順位の関係

ホットペッパービューティーはプランによって幅広く設定されていて、集客力のあるプランになればなるほど料金は高くなります。

 

「集客力が高くなる」とは実際にどういうことなのか?

その答えは「表示順位が高くなり、予約される可能性が高くなる」ことです。ホットペッパービューティーのサイトで、美容サロンを予約する画面を見るとわかるのですが、PCの場合だと1ページに20件のサロンが表示されます。

 

試しに「渋谷 ネイルサロン」と検索すると、200件のサロンが該当しました。(2020年5月現在)

PCサイトは1ページに20件の表示ですので、表示順位(掲載料金)が低いプランの場合だと、サロン情報を見られないことの方が多いです。

しかし、渋谷のようにネイルサロンがたくさんあるエリアではなく、競合店舗が少ない地域だと低価格のプランでも集客できる可能性があります。

掲載を検討している方は、周辺エリアのどのくらいの競合サロンがホットペッパービューティーに掲載をしているのかを見てみると良いでしょう。

それぞれのプランの機能の違い

上の表では、各プランの特徴がまとめられています。

※有料プラン掲載後のBSプラン、低価格のEPRPは含まれていません。

※低価格のEPRPについては以下の記事を参考(以前の最安値の記事の内部リンクを貼る)

 

表をもとに簡単に各プランの集客の違いをまとめると…

 

・プラチナ、バリュープランの2つのハイプランでは「サロンのこだわり」を打ち出せる機能が付いている。

 

・特集の数はプランが高くなるほど掲載可能数が増える。

プラチナ・バリューの2つのプランはネイルサロンにとって大きな集客効果を発揮します。基本的にネイルサロンを検索するユーザーの多くは「ネイルカタログ」から自分の好みのネイルを探してからサロンを選ぶ方が多いです。

数字でみるホットペッパービューティーの強さ

(出典:https://beauty.hotpepper.jp/doc/guide/saishindata.html
※1 2020年5月時点のデータ
※2 リラク・ビューティサロンはヘアサロンを除く、ネイル・まつげサロン、リラクゼーションサロン、エステサロンなど。

 

ホットペッパービューティーのホームページによると、会員数は2,464万人だそうです。(リクルートライフスタイル調べ)だいたい5人に1人が利用しているということになりますね!

 

一方で掲載をしているサロンは、ヘア・リラク・ビューティサロンを合わせると約10万件にも上ります。そして年間の予約数は、なんと1億件を超えているんです!

 

ホットペッパービューティーと良く比較される人気の美容集客媒体Aの年間予約数は240万回(2017年時点)と言われています。つまり、ホットペッパービューティーは2番手の媒体よりも1年間で50倍も予約されているわけです。

 

2020年5月には、新しく美容医療・美容クリニックの予約が開始されました。集客サービスを豊富に展開しているリクルート社にとっても、ホットペッパービューティーはこれからのユーザーの需要を満たす媒体として期待されているのがわかりますね。

ホットペッパービューティーが美容集客媒体で一強の理由

多くの人がホットペッパービューティーで予約をするわけは?

なぜ、ホットペッパービューティーは美容集客媒体で「一強」と呼ばれているのでしょうか?

 

その理由をユーザー目線から見てみると、5つの要素に分けることができます。

 

①ネット予約

ホットペッパービューティーでの予約数が他の媒体を圧倒する一番の理由は、ネット・アプリからの予約が24時間可能なことでしょう。

 

利用者層の多くが、20〜30代の女性です。働く女性にとって、美容サロンを予約するのは、朝の通勤時間・帰宅中・帰宅後が多く、その時間帯は多くのサロンは開いていないことも多いです。

 

ネット予約だと電話予約と違い、予約する時間帯を気にしなくてもいいことと、施術可能な時間帯も一覧で表示されるので、都合に合わせて日程を決められることが大きなメリットです。

 

②クーポン

価格を気にするユーザーにとって一番気になるのは価格ですよね。ホットペッパービューティーから予約をすることで、魅力的な価格で施術を受けることができることも、選ばれる理由の1つです。

 

新規の方限定のクーポンが多いですが、再来でも利用できたり、U24と呼ばれる若い世代をターゲットにした割引など、様々なターゲットの集客につながります。

 

③条件検索(地域、施術内容)

自宅や職場、よく行く場所周辺から選ぶ、アクセスを重視したユーザーだけでなく、施術内容やサロンに対してこだわりがある方も多いです。

 

様々な要望をもつユーザーが、条件を指定することで自分に合うサロンを見つけることが可能となっています。

④サロンの情報確認

ホットペッパービューティーに掲載されているサロンは、場所や施術内容だけでなく「どんな雰囲気」なのかを確認することができます。

 

・どんなスタッフがいるのか

・店内の様子

・口コミの評判

・ブログの内容

 

初めて行くサロンには不安があるユーザーも多く、サロンの雰囲気を事前に確認しておきたい方にとっては、豊富な情報は予約をする決め手になるでしょう。

⑤ポイント制度

ホットペッパービューティーで美容サロンをネット経由で予約をすると、Pontaポイントが施術料金の2%分が貯まります。

 

ポイントはコンビニやレストランなどの加盟店舗での利用が可能なことも、ユーザーにとってお得で嬉しい魅力です。

 

このように、ホットペッパービューティーはユーザーにとって、非常に使いやすいサービスですので、多くの人から利用されているんですね。

多くの人に見られる仕組みづくり【SEO対策の徹底】

ホットペッパービューティーという名前を知らない人でも、美容サロンを検索するユーザーは自然とホットペッパービューティーのサイトにたどりついてしまうのが、集客において最大の強みです。

試しに「地域 ネイルサロン」のように、Yahoo!やGoogleで検索してみてください。

(2020年10月にGoogleで検索した場合)

上のように表示されるかと思います。美容サロンを調べた時に上位に表示されるのは、ほとんどホットペッパービューティーです。ネット検索で上位に表示させる対策は「SEO対策」と呼ばれています。ホットペッパービューティーはSEO対策が強いため、美容サロンを検索するユーザーは自然とホットペッパービューティーに訪れる、ということになるんです。

 

数店舗展開しているサロンは、自社でホームページを持っているところもありますが、ホットペッパービューティーのサイトの強さに到底およびません。

 

1つ例を出すと、自社のサロン名を入れて検索した時に上位に表示されるのは、ホットペッパービューティーのサイト、ということもよくあることです。

アプリでの予約の需要が増している

ホットペッパービューティーはアプリも配信されています。近年では、スマートフォンが普及しているので、インターネットからの予約に加えてアプリでの予約が増えています。

 

また、頻繁に入会キャンペーンも行なっているため、新規ユーザーは右肩上がり。これからも美容サロンを予約する時には、ホットペッパービューティーを利用するユーザーは増えていくことでしょう。

 

美容サロンを予約するアプリは他にも数多い中で、ホットペッパービューティーはダウンロード数はダントツの1位です。(2019年)

 

・Yahoo!やGoogleの検索からホットペッパービューティーにたどり着くユーザーが多い

・アプリを利用して予約するユーザーが多い

 

この2つに加えて、自分の好みのサロンを探しやすいサイト構造になっているため、自然とユーザーが集まる仕組みになっています。

 

<h3>サロン運用を手助けする機能【サロンボードの利用】</h3>

ホットペッパービューティーを掲載するとサロン側にも様々なメリットがあります。一番大きいものが「サロンボード」と呼ばれる運営に欠かせないツールです。

 

サロンボードは運営だけでなく、サロンとお客様をつなぐツールとしても重要なツールとして活躍します。利用できる機能は簡単にまとめると、以下の通り。

 

・予約の管理

・売上やリピート率の分析

・来店後のダイレクトメール

 

お客様の基本情報はもちろんですが、誕生日月に特別なクーポンを配信したり、来店後のサンクスメールを送信することで、リピート率の向上も期待できます。予約日前日のリマインドメールは無断キャンセルの防止にもつながりますね。

 

サロンボードを導入する前の顧客情報を一括で登録できることも魅力です。

 

有料サービスとなっていますが求人広告を出すこともできます。利用者数が多いホットペッパービューティーで、広告を簡単に作成・更新できるのは嬉しいポイントです。

 

サロンボードは集客だけでなく、運営全般をサポートする機能が充実しているので、集客力+運営の効率化を目指すサロンに選ばれています。

ホットペッパービューティーの料金が高いと感じるのはなぜか?

しかし、ネットでも「ホットペッパービューティーは高い!」と言っている方が多いのは事実。

 

掲載料金が高いと感じている原因は費用対効果が薄いと考えているからではないでしょうか?

 

サロン業界では、利益の10〜20%の広告費が適切だとされています。例えば、ホットペッパービューティーからの予約で100万円を売り上げたしても、掲載料金が50万円を超えていたら効果は薄いと感じますよね。しかし、同じ売上が100万円でも、掲載費用が10万円なら効果は大きいと言えます。

 

重要なのは、ホットペッパービューティーの集客機能を活用して、効果を最大限に引き上げることが重要です。

ホットペッパービューティーはリピート率が低い?【平均は30%?】

顧客のリピート率を高めることは、安定した集客を目指す上で非常に大切なポイントです。

 

「ホットペッパービューティーはユーザーのリピート率が低い!」と言われていますが、実際のところはどうなんでしょう?

 

よく耳にするのは「30%」程度だと言われていますね。実際に様々なサロンのデータを見てみると確かに、リピート率が27%〜35%の間を推移している店舗が多い印象です。

 

確かに30%に近い数字が出ていますが、みなさんはこの数字を聞いて、どう感じるでしょうか?

 

実際にライトプランを利用しているサロンを参考にして、大体の客数とリピート率の推移を下の表にしました。

ちなみに上のサロン様は、掲載から10ヶ月目で新規リピート率が30%に達しています。掲載を始めてからリピート率が定着するまでは、半年程度を見込まなければいけませんが、着実に客数が増えていることが上の表からわかりますね。

 

だいたいのネイルサロンの客単価は5,000円程度ですので…

 

5,000×200=1,000,000(円)

 

売上は100万円になります。美容サロンの広告費の目安は20%ですが、ライトプランですと10%以下の広告費用です。

 

一言にリピート率が30%と言っても、長い目でみると、じっくりとリピート数が増えていきます。もちろん上ホットペッパービューティーの集客力だけでなく、リピーターに繋げる努力の結果でもあるのですが「リピート率30%」でも十分以上に効果を実感できるはずです。

集客効果が高い「特集」などをうまく活用していますか?

ホットペッパービューティーでは、低価格のプラン(BS、EPRP)を除くライトSプラン以上には「特集」と呼ばれる機能を利用できます。

 

たとえば、ネイルサロンの場合、『華やか系(イベント・ブライダル)が得意』や『手描きアートが得意』というように、細かく施術を選択することができますね。

 

ちなみに、ホットペッパービューティーを利用するユーザーは2つのタイプに分けることができます。

 

1つ目のユーザーは、主に駅などの場所検索でサロンを探す方です。こういったユーザーは、自宅や職場から近いなどアクセスの良さを重視する傾向があります。

 

2つ目のユーザーの検索方法が「特集」です。特集は『カテゴリ検索』の部類に入り、どのような施術を受けたいのか、どんな悩みを解決したいのかというように「目的」がはっきりしたユーザーを獲得することができます。そのため、サロンが求めるターゲットに近いユーザーにアプローチすることが可能です。

 

またネイルのように、出来栄えが重視される美容サロンはフォトギャラリーの充実が欠かせません。>

 

ライトSプランは特集掲載ができる中で最も低価格なプランですが、特集やフォトギャラリーが充実しているサロンは集客数が多い傾向があります。

担当者によってホットペッパービューティーをうまく活用できるかが決まる?

ホットペッパービューティーに掲載する場合、基本的に担当者さんが集客効果UPのために様々なアドバイスをしてくれるはずです。

 

しかし、担当者さんがどのくらいあなたのサロンに熱をもって対応してくれるかは一様ではありません。

 

データの見方もサロン様だけで判断することは難しいこともあると思います。担当者さんは、地域のサロン情報だけでなく「どのようにホットペッパービューティーを活用して集客するのか」までしっかりアドバイスしてくれていますか?

 

もし、集客効果が上がらない…。担当者さんがサロン経営に関してあまり積極的にアドバイスをくれない…。という不満をお持ちの方は、担当者変更をお願いするか、代理店変更を検討してみてはいかがでしょうか?

よろしければこの記事をTwitterでシェア♫