サロン集客

サロンを開業するために必要な資格・費用・集客方法とは?

  • ENTRY:2021.02.24.Wed
  • | UPDATE:2021.04.12.月

美容サロンは、比較的簡単に開業をすることができるため、新しくビジネスを始める方や経験を生かして独立を検討している方に人気です。美容サロンは、需要が高まっている脱毛サロンや痩身サロン、また長年人気のあるネイルサロンやマツエクサロンなど様々の業種があります。

この記事では、「開業したいけど、専門的な資格が必要なの?」、「資金はどれくらい必要なの?」、「どうやって集客したらよいの?」といった疑問をお答えします。

美容サロンの開業を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

サロンの開業に必要なものとは

ネイルサロンの開業に必要な資格

ネイルサロンを開業するために必要な国家資格はありません。
しかしながら、民間の団体が認定する資格は下記のように複数あります。

  • ネイリスト技能検定試験
  • JNAジェルネイル検定試験 (初級・中級・上級)
  • JNAネイルサロン衛生管理士 (1級・2級・3級)

資格取得はお客様の安心感の為でもありますが、本質的な話で考えると、しっかりした技術がないとお客様が定着しません。

したがって、趣味程度の知識で始めるのではなく、中級、2級といった最低限+αの資格は持っておくことに損はありません。

※参考
ネイリスト技能検定試験 (日本ネイリスト検定試験センター)
JNAジェルネイル技能検定試験 (日本ネイリスト協会)

ネイルサロンの資格や開業については、下記の記事でも解説していますので、併せてご覧ください。

エステサロンの開業に必要な資格

エステサロンの開業もネイルサロンと同様に、開業のために必要となる国家資格はありません

民間の資格は以下の協会で取得することが可能です。

・一般社団法人日本エステティック業協会(AEA)
・日本エステティック協会(JESTHE)

エステティシャンとしてもっと成長したいと感じている方は中級以上を目指しましょう。

AEAは初心者レベルの技術や知識を問われるため、エステサロンの知識が不足している初心者の方におすすめです。

エステサロンは開業しやすい業種であるため、未経験で開業する方も多くいらっしゃいます。しかし、最低限の知識や資格を持っておくことで、お客様からの信頼にも繋がりますので資格取得をしておいて損はありません。

※参考
一般社団法人日本エステティック業協会(AEA)
日本エステティック協会(JESTHE)

脱毛サロンの開業に必要な資格

脱毛サロンは、エステサロンとして扱われる業種ですので、国家資格を持っていなくても開業することは可能です。

しかし、上記で紹介したエステティシャンの民間の資格を取得しておいた方が、脱毛サロンで使用される器具の知識や、脱毛の施術に関する知識も学ぶことができます。

マツエクサロンの開業に必要な資格

マツエクサロンは美容師免許が必要となります。全くの未経験の方は美容師免許を取得しなければいけないため、他の美容サロンと比較すると開業しにくいと言えるでしょう。

マツエクサロンの専門店もありますが、基本的には美容室とマツエクサロンの両方で開業することが多いです。

マツエクサロンは美容師免許が必要ということもあり、すでに免許をもっている人で経験のある方が独立される印象があります。

税務署・保健所への届出

基本的に、美容室やマツエクサロン以外の美容サロンは、開業してから1ヶ月以内に税務署に開業届を提出するだけで開業することができます。

美容師免許が必要となる美容室やマツエクサロンは、税務署への開業届の他に、保健所にも届出が必要です。

また自宅での開業やフリーランスとして開業を検討されている方は、青色申告をすることで、節税対策になるので開業届けと一緒に提出することをおすすめします。

サロン開業に必要な初期費用

各サロンの必要な資格を確認したところで、開業の際にどの程度初期費用がかかるのかを見ておきましょう。

おおよその費用を把握しておくことで、資金をどのくらい準備しておくべきか、融資が必要になるのかを判断することができます。

ただ、美容サロンは店舗での経営だけでなく、自宅での開業も可能なため、それぞれ初期費用は異なりますのであくまで参考程度でご覧ください。

ネイルサロンの初期費用

項目 自宅サロン テナント
家賃 0円 120〜240万円
設備・機材費用・備品 5〜10万円 50〜100万円
内装費工事費 必要に応じて 50〜100万円
ネイル商材費 10〜20万円 20〜30万円
広告宣伝費 5万円 20〜30万円
合計 20〜50万円 250〜500万円

ネイルサロンの開業の場合は、個人だと30〜50万円程度、店舗での経営だと250〜500万円程度です。

店舗での経営の場合は、テナントの契約料金や保証金で家賃の6〜12ヶ月分必要となるケースが多いです。

ネイルサロンの場合は、高額な機材や商材を用意する必要がないことと、広い施術スペースを確保する必要がないため自宅での経営される方が多い印象があります。

自宅での開業の場合、必要な備品は自宅で使用しているものを利用することで初期費用を抑えることが可能です。施術のために必要な机や椅子の他に少し高級感のあるインテリアを活用することで自宅サロンでも特別感を出すことができます。

エステサロンの初期費用

項目 自宅サロン テナント
賃貸保証金(家賃20万円) 0円 120〜240万円
内装費工事費 10〜20万円 100〜200万円
設備・機材費用 50〜100万円 50〜100万円
消耗品費 5万円 10万円
宣伝広告費 5〜30万円 20〜30万円
合計 70〜150万円 300〜550万円

エステサロンの開業にかかる初期費用は、自宅だと70〜150万円、店舗でと300〜550万円ほどかかるでしょう。

開業にかかる費用の大部分は家賃と機材・設備費用です。

痩身マシンでもかなりの種類があり、最新機材を導入するとなると一台で数百万円を超えることも珍しくはありません。

開業の段階で複数台の最新機材を購入してしまうと、数千万円ほどかかってしまいますので、徐々に揃えた方がリスクを回避することができます。

マツエクサロンの初期費用

項目 自宅 テナント
家賃 0円 120〜240万円
設備・機材費用・備品 5〜10万円 50〜100万円
内装費工事費 20〜50万円 50〜100万円
まつげ商材費 10〜20万円 20〜30万円
広告宣伝費 5万円 20〜30万円
合計 40〜100万円 250〜500万円

マツエクサロンを開業される場合の初期費用は、まつげサロンと同等の基準となるでしょう。

注意しないといけないことは、マツエクサロンの開業には美容師免許が必要です。そのため、自宅での開業でも保健所の審査が必要となります。

自宅の場合でも、条件を満たすために内装工事が必要となることがあります。免許が必要となるため、自宅よりも店舗の方が経営しやすいかもしれません。

脱毛サロンの初期費用

項目 自宅 テナント
家賃 0円 120〜240万円
設備・機材費用・備品 30〜100万円 100〜200万円
内装費工事費 必要に応じて 50〜100万円
まつげ商材費 10〜20万円 20〜30万円
広告宣伝費 5万円 20〜30万円
合計 50〜100万円 350〜600万円

脱毛サロンの場合、自宅だと50〜100万円、店舗だと350〜600万円ほどになるでしょう。

エステサロンと同様に、主に脱毛器具を揃えるための費用は大きくなります。脱毛サロンは、裸での施術も多いため店舗経営の場合、複数の完全個室を用意するために内装工事費用がかかります。

最近、脱毛の人気は男女ともに高まり続けており、脱毛器具のトレンドも頻繁に変わります。機材の購入をする前に、施術メニューや客単価をどのくらい見込むかを考えた上で、適切な器具を選ぶようにしましょう。

各サロンの初期費用はいくら?

各サロン 自宅での開業の初期費用 店舗での初期費用
ネイルサロン 30〜50万円 250〜500万円
エステサロン 70〜150万円 300〜550万円
マツエクサロン 50〜100万円 250〜500万円
脱毛サロン 50〜100万円 350〜600万円

自宅と店舗での経営において、おおよその初期費用をまとめると上の表のようになります。

店舗での経営の場合、6〜12ヶ月分の家賃の他に内装工事の費用がかかるため、まとまった金額を準備しなければいけません。開業時に大金は用意できないと思いますので、融資を受けることも検討をしましょう。

また、スタッフの雇用やホームページの作成などの条件を満たすことで、助成金や補助金を申請することができます。補助金や助成金は審査があるものの、給付されるお金は返済する必要がないため、開業したばかりのサロンには非常に助かるのでぜひ申請しましょう。

リピート客増!サロンの開業を成功させる方法

基本的には、集客対策はネイルサロンやエステサロン、美容室でも一緒です。

経営を続けていくためには利益を出さなければいけません。そして、その利益を出すためには、多くのお客様に来店していただく必要があります。

まだ開業していない方でも、どのように顧客を獲得していけばいいのかを知っておいた方が良いでしょう。

美容サロンは比較的簡単に開業できますが、そのせいか競合も多く、開業してから3年以内に閉店する確率はなんと9割を超えているというデータがあります。

そこで、長期経営を実現するために必要な3つのポイントを解説していきます。

お客様に来店してもらう方法

まず、お客さんに来店してもらうための戦略は、オープン前から始まっています。開業からの戦略は以下のようになります。

① ターゲットを明確にする
② サロンのコンセプトを決める【強み・ウリ】
③ 競合調査をする
④ ターゲットに合わせた集客をする

まず一番最初に考えなければいけないことはターゲットを明確にすることです。

「どんなお客様を集客したいのか」を明確する必要があります。ターゲットがはっきりしないとサロンのコンセプトだけでなく、施術のメニューも決めることができなくなります。

ターゲットがはっきりとしているだけで、サロン経営のスタートダッシュを決めらることができます。

  • 年齢層/性別
  • 客層 高級orリーズナブル
  • どんな悩みにアプローチするのか

などなるべく細かくイメージすることが重要です。ターゲットが決まったら、その人がサロンの内外装や、どんな施術メニューがあれば来店したいと思うのか?もイメージがつくかと思います。

高級路線なのにポップな店内にするのは明らかにおかしいですし、学生エリアに出店するのも集客しづらくなってしまいます。

ターゲットを決めることは、サロンのコンセプトやメニュー、どこに出店すべきかまでを戦略的に決めることができます。

次に、希望する出店エリアには他にどんな美容サロンがあるのかを調査してみましょう。

ターゲット層、客単価、メニューはどのような感じなのかなどをリサーチするのは重要なことです。ターゲットが被っていたらどのように差別化をして、どのようにお客さんを呼び込まなければいけないのかを事前に把握しておくことで、焦らずに目標の実現のための計画を立てることができます。

ターゲット、出店エリア、施術メニューなどが決まったら、次はどのように集客していくべきなのかを考えましょう。

  • 高齢者が多いエリア→チラシ配布
  • 若い世代が多いエリア→googleでのweb広告やインスタやTikTokなどのSNSを活用

など、それぞれのエリアに適した集客を行う必要があります。

初来店が勝負!お客様に気に入ってもらう方法

美容サロンで安定した利益を出すためには、リピートしてくれるお客様を増やすことが重要となります。

新規集客は、宣伝広告費をかけることで比較的簡単に集客することが可能です。

ただし一回の来店だと、新規集客のためにチラシを作成しつづけたり、広告をずっと出し続けなければ来店数は減ってしまいます。

お客様にサロンを気に入ってもらうためには、次の3つのポイントが重要です。

① 居心地の良い環境を提供する
② 満足度を高めるために技術力を高める
③ 自力でもできるケア方法を教える

居心地の良いサロンというのは、お客様それぞれで異なるので難しいのですが、お客さんが求めていることを探ることが初回で意識するポイントです。

話しかけない方が良さそうなのか、それともおしゃべりすることが楽しいと感じるような人なのかといったお客様の性格を分析しましょう。技術力を高めるだけでなく、悩みにアプローチをしてその解決方法を提案したり、効果的なケアの方法を伝えたりなども接客で必要なことです。

お客様にリピートしてもらう方法

お客様にリピートしてもらうためには、具体的にどんな方法があるのでしょうか?例を出してみると、

  • 来店当日に次の予約を取ってしまう
  • 回数券を用意する
  • ポイントカードを用意して、特典や割引をする

などが挙げられます。

リピートしてもらうシンプルな方法の1つは、会計時に次回の予約をとってしまうことです。会計時の予約で、施術の5%割引といった特典をつけることも有効でしょう。

また、エステサロンや脱毛サロンは、複数回の施術コースを準備しておくと良いです。

1回の施術料金が高額になりやすいので、1年間有効の10回コースを初来店時に割引価格で契約してもらうことで、お得さだけでなく効果も実感してもらえるはずです。

まとまった回数の契約でなくても、10回の来店で美容商品を特典にしたり、無料施術のクーポンを配布することでも来店を促進することができます。

効果絶大!ホットペッパービューティーとは?

ホットペッパービューティーは、美容集客媒体の中で最大手です。

開業前の方は、そもそもどのように広告を出せばいいのかわからなかったり、集客に不安を感じている経営初心者の方は、ホットペッパービューティーをうまく活用することが経営成功の大きなポイントです。

ホットペッパービューティーは、

  • 24時間ネット予約が可能
  • 顧客管理が簡単
  • 顧客の来店サイクルや客単価などのデータを詳細に記録される

などサロン経営に必要な機能を全て利用することができます。

「開業後うまく集客できない…。」と悩んでいたサロン様が、掲載を始めたところ、月を追うごとに客数が増えた!と効果を実感していただくことも多いです。

また、担当者の方が1名付きますので、サロンのウリや魅力をヒアリングした上で、広告の原稿を作成したり最適な集客対策を提案してくれます。

単純に広告を掲載して終わり…という媒体が多い中、経営のコンサルティングまで行ってくれるホットペッパービューティーは、駆け出しのサロンオーナーの方には安心です。

参考:ホットペッパービューティー掲載料金お問い合わせ窓口

サロンの開業を検討している方に

サロンを開業を検討している方は、事前知識を抑えておくことで本格的に開業に動き出すときにスムーズに適切な行動をすることができます。

初期費用をどのくらい準備する必要があるのか、融資を受ける必要はあるのかも重要です。

開業前から集客対策をするのでは遅く、オープンする数ヶ月前から準備に取り掛からなければうまく集客できませんので、ホットペッパービューティーなどの集客媒体の活用も検討しましょう。

よろしければこの記事をTwitterでシェア♫