サロン集客

整体師が開業するためには何が必要?失敗しないためには?

  • ENTRY:2022.04.06.Wed

これまで得た知識や経験を活かして、開業を検討されている方も多いのではないでしょうか?

「整体院の開業を目指してはいるけど、まず何をしたら良いの?」
「開業することによって何が変わるの?」
「どのような手順で開業するの?」

上記のような疑問に答えるために、この記事では、これから整体院の開業を検討されている方に向けて、開業や独立のために何が必要なのか、失敗しないために必要なことを解説します。

CIN GROUPでは、整体師の方向けの助成金のサポートや経営アドバイスを行なっておりますのでぜひ参考にしてください。

整体院を開業した方が良い理由

自分の都合に合わせて施術が行える

開業をする一番のメリットは、自分のこだわりを強みとして活かせるという点でしょう。

店舗でスタッフとして働く際には、店舗が決めた施術方法や接客方法に従わないといけません。

自分のやり方でお客様を幸せにしたいと感じている方は、開業に踏み切ることで理想とする店舗作りが可能となります。

また、営業日や休業日を自由に設定できるため、自分の都合やスタッフの要望を反映しやすく、理想の働き方を反映できることが非常に魅力的です。

自分のコンセプトを反映できる

先述したように、開業をするということは自分の理想とする店舗を作ることができるということです。

スタッフとして働く時には、勤めている店舗によっては、自分の意見がなかなか反映されないことも多いでしょう。

実際に、店舗のお客様に対する考え方との相違によって、開業を決意される方も多くいらっしゃいます。

整体はお客様の体の悩みを解決するための業務なので、自分の持っている強い想いをコンセプトに活かし、お客様から喜ばれる店舗作りに繋げることができるでしょう。

経営ノウハウを身につけることができる

開業をするということは、資金の調達・集客・スタッフのマネジメントなど経営に必要なあらゆる知識が必要となります。

経営知識は、従業員時代にはなかなか深く理解できることではありません。

また、どれほど経営の知識があっても、思い描いていた通りに運営を続けることは難しいです。

しかし、開業をして身に付く経営知識は一生物のスキルとなりますし、初めてで失敗することが多くても、将来的に成功に繋がるでしょう。

繁盛すれば高年収が見込める

開業すれば絶対に年収が高くなるというほど簡単ではありませんが、集客対策を行い繁盛店にすることができれば年収1,000万円も決して夢ではありません。

特に開業当初は、思い通りに集客できなかったり、初期費用がかかったりなどして大幅な収入増を実現することは難しいです。

しかし、マーケティングを強化し、うまく集客できているサロンならば1年目でも400〜600万円、3年目からは大台の800〜1,000万円を達成している整体院もあります。

整体院は3年間での閉業率が9割と言われているため、開業前からどのように集客していくのかを戦略的に考えおきましょう。

整体師の年収に関しては下記記事でも解説しておりますので、併せてご覧ください。

整体院の開業に必要なこと

開業資金の確保

開業を検討されている方は、すぐに今勤めている会社を辞めて開業するのではなく、開業資金を準備することから始めましょう

整体院を開業する場合は、店舗の広さや立地、導入する機材や台数によって大きく変動しますが、初期費用は少なくとも300〜500万円はかかるでしょう。

初期費用だけでなく、営業を続けるための半年〜1年間分のランニングコストを用意しておく必要もあります。

初期費用や運転資金の全額を開業段階から準備する必要はありませんが、しっかりと準備しておくことで想定外のことが起こっても安心して営業を続けることが可能です。

資金が足りない場合は、日本政策金融公庫から融資を受けることも検討しましょう。

開業してからは、補助金や助成金を有効活用することで資金の調達も可能です。弊社では、融資を受けるための事業計画書作成・助成金の申請サポート業者の紹介も行なっておりますので、気になる方はお気軽にお問い合わせください。

 

ホットペッパービューティー 掲載料金のご確認はこちら

0120-955-323
LINEでお問い合わせ

参考:融資制度一覧 | 日本政策金融公庫

開業する場所の決定

開業できるほどの資金を貯めることができたら、開業する場所を決定しましょう。

立地は集客に大きく影響しますので、事前に客層を決めて市場調査を念入りに行うことが重要です。

客層を設定することは、マーケティングやブランディングにおいて大切な要素となりますので、下記の項目を参考にターゲットとなるお客様のペルソナ設定をしてみましょう。

  • 性別・年齢・職業
  • 趣味・嗜好
  • 生い立ち
  • 普段の生活
  • 物事に対する考え方

ペルソナ設定をした上で、そのお客様はどこに店舗があれば通いたいと感じるのか、どのエリアに多く居住しているのかといった市場分析を行いましょう。

売り上げがどれだけ見込めるか確認する

売上がどのくらい見込めるのかを事前に把握しておきましょう。

開業してからすぐの客足は不安定なため、客数がどのくらいの上昇率を見込めるのか、そこから何%がリピートしてくれるのかといったことまで想定し、売上計画を立てることが大切です。

最終的に経営を安定化させるためには、リピートしてくれるお客様を増やすことポイントです。

新規集客はもちろん、継続して通っていただけるお客様を増やすような集客対策を行いましょう。

立地が決まったら、そのエリアに開業している整体院、その他関連性が深い業種での店舗を調べてみると集客方法・単価・ターゲット層の分析に役立つのでおすすめです。

開業届を出す

どのような開業だとしても、開業してから1ヶ月以内に税務署に開業届を提出する必要があります。

開業届を出して確定申告をすることで、経営に関わる支出を経費として計上できるようになったり、各種申請をすることで節税効果を得られたり、補助金の申請が可能となります。

個人事業主から始める場合は、開業届と合わせて青色申告をすることで、控除を受けられるので忘れないで申請するようにしましょう。

参考:開業の基礎知識

整体院の開業にあるとよい資格

整体師として開業するために特別な資格は必要ありません。

しかし、整体師は技術力や知識が求められる業種ですので、資格を持っていることで集客にも大きく影響します。

この項目では整体師としてのスキルアップにおすすめな国家資格・民間資格を紹介します。

あん摩マッサージ指圧師

あん摩マッサージ指圧師は、唯一「マッサージ」という施術名を用いることができる国家資格です。

国家資格ですので、お客様からの信頼も高まりますし、集客時に「マッサージ」という言葉を使用できることは大きなメリットとなります。

リラクゼーションサロンでは、マッサージという言葉を使用できないため、専門性があることをアピールできたり、保健が適応されることで他店との差別化にも繋がります

鍼灸師

鍼灸師は、はりやきゅうに特化した国家資格です。はりやきゅうの施術は、鍼灸師の資格を持っていなければ行うことができません。

鍼灸は、整体師だけでなく美容面での効果も期待されているため、メニューの幅を広げることもできます。

整体だけでなく、より幅広いニーズに応えたいといった方は鍼灸師の資格を目指しても良いでしょう。

柔道整復師

柔道整復師は整骨院や接骨院を開業する方には必須となる国家資格です。

リラックス目的のお客様というよりかは、治療を目的に来院されるお客様がターゲットとなります。

整体院は資格がなくても開業することができますが、整骨院や接骨院の開業を検討している方は、柔道整復師の資格が必要であることを覚えておきましょう。

カイロプラクティック

カイロプラクティックは民間資格となり、体の歪みの矯正を行うことが主な施術内容です。

欧米では非常に専門性の高い職種であり、お客様からも人気が上がっている施術です。

民間資格ではあるので、資格を持っていなくてもカイロプラクティックと名乗ることは可能ですが、カイロプラクティックの施術を行う場合は、専門的な知識を身につける必要があるでしょう。

整体院の集客方法

SNSやHPで告知をする

開業前の段階からSNSのアカウントを作成したり、ホームページを作成したりして宣伝をしましょう。

最近人気のインスタグラムやツイッターは無料で利用できるだけでなく、拡散性も高いため積極的に活用して店舗のオープン情報を周知することで集客効果が期待できます。

本格的なホームページを作成するとなると、費用は大きくなってしまいますが、ブランディン効果であったり、お客様からの信頼度も高まるためおすすめです。

フリーペーパーを活用する

チラシや地域のフリーペーパーで広告を出すことも検討しましょう。

地域の方をターゲットにする場合は、チラシやフリーペーパーで店舗周辺に絞って広告を打ち出すことで、大きな宣伝効果があります。

新聞の折込チラシや、新規オープンした店舗を掲載しているフリーペーパーがある場合はぜひ活用しましょう。

ホットペッパービューティーを利用する

集客に特化した集客プラットフォームを活用することで、大きな集客効果を得ることができます。

整体院の場合は、ホットペッパービューティーに掲載して集客している場合も多く、開業してからの集客を手助けする強力な集客媒体です。

さらには、開業当初は顧客管理や分析のノウハウが不十分な店舗も多いため、掲載することで無料でサロンボードを利用できることも大きなポイントです。

最近では必須となったネット予約、顧客管理、データの分析など経営に必要な管理システムに加えて、大きな集客効果を得られることができるので、新規開業される方はホットペッパービューティーの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

この記事では、整体師として独立や開業を検討している方に向けて、開業前に知っておくべきことを紹介しました。

CIN GROUPでは、開業を検討されている方向けに物件紹介・設備案内、開業・経営アドバイスを行なっております。

融資や助成金といった資金面の相談を承っておりますので、開業で何か不安や疑問がある方はお気軽に弊社までお問い合わせください。

 

ホットペッパービューティー 掲載料金のご確認はこちら

0120-955-323
LINEでお問い合わせ

関連記事
・【整体師必見】営業トークのコツとは?質問例やポイントを紹介!
リラクゼーションサロンの独立・開業するために必要な資格・資金は?

よろしければこの記事をTwitterでシェア♫