サロン集客

【脱毛サロンの開業方法】資格・費用・開業までの流れを解説!

  • ENTRY:2022.04.12.Tue

美容業界の起業の中でも、低いリスクで利益を見込みやすいことから脱毛サロンの開業が人気です。

店舗運営だけでなく、自宅や賃貸マンションでの経営ができるなど、働き方を変えたいといった方からも注目されています。

この記事では、脱毛サロンの開業を検討されている方に向けて「脱毛サロンを開業するには何が必要なの?」といった疑問にお答えします。

CIN GROUPでは、脱毛サロンの新規開業時の助成金を活用した資金調達、脱毛機器の購入サポートなども行なっているため、ぜひ参考にしてください。

脱毛サロン開業に必要な資格とは

エステサロンの脱毛では国家資格は必要なく、資格を持っていなくてもお客様に対して施術をすることが可能です。

しかし、医療脱毛の場合は、医師の国家資格がないと施術ができません。あくまで、エステサロンの脱毛は美容脱毛であり、医療行為ではないことを覚えておきましょう。

美容脱毛では、資格がなくても開業できますが、専門的な知識をつけるためにも民間資格を取ることをおすすめします。

脱毛に関する民間資格

脱毛に関する代表的な民間資格では、一般社団法人日本エステティック振興協議会の「認定美容ライト脱毛エステティシャン」、AEA(米国電気脱毛協会)が推奨する「CPE(認定電気脱毛士:Certified Professional Electrologist)、日本ブラジリアンワックス協会「認定講師」などがあります。

  • 認定美容ライト脱毛エステティシャン
  • CPE(認定電気脱毛士:Certified Professional Electrologist
  • 【JBWA】認定講師

上記のどの資格も、お客様に対して安心・安全な施術を提供すること、加えて専門的な知識を得ることを目的とされています。

すでにエステ関係の資格を保有している方の場合は、登録をするだけで申請することが可能なこともありますので確認してみることをおすすめします。

ブラジリアンワックスの技術を用いる場合は、日本ブラジリアンワックス協会が提供している認定講師の講習を受けてみると良いでしょう。

脱毛の資格については下記記事で詳しく紹介しておりますので、併せてご覧ください。

参考サイト
・認定美容ライト脱毛エステティシャン
・エステティシャンの方へ CPEとは | 一般社団法人日本スキン・エステティック協会
・JBWA 日本ブラジリアンワックス協会

脱毛に関する国家資格

この項目の冒頭でも述べているように、医療脱毛を行う場合は国家資格を持っている医療従事者である必要があり、資格がない人が施術を行うと医師法違反です。

厳密に言えば、脱毛サロンが行う施術は永久脱毛ではなく、発毛組織にダメージを与える減毛目的の光脱毛です。

そのため、基本的に脱毛サロンの開業を検討している場合は、基本的に光脱毛などの美容脱毛の方法で開業することになります。

医療クリニックで行われる医療脱毛と、脱毛サロンで行われる美容脱毛は明確に異なることを覚えておきましょう。

もちろん、お客様に説明する際にも、医療行為だと勘違いされないように説明をするように心がけることも大切です。

合法的に行える脱毛施術

国家資格が必要な医療脱毛では、高出力のレーザーを使用し毛根を破壊することで脱毛を行う行為です。

つまり、「レーザー光線又は強力なエネルギー光線を使わない」、「毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為を行わない」施術は免許がなくても問題なく施術を行うことができます。

  • IPL脱毛
  • SSC脱毛
  • SHR脱毛

脱毛サロンでは、フラッシュ脱毛や光脱毛と呼ばれていますね。光脱毛では上記の3種類の方法が主流となっています。

その他には、ワックスを塗って毛を剥がし取るブラジリアンワックス脱毛などもありますが、脱毛というよりは除毛のイメージに近いです。

脱毛サロン開業に必要な許可

税務署に開業届を出す

脱毛サロンの開業は国家資格は必要ではないので、開業で必要なことは税務署に開業届を提出するだけです。

個人事業主として経営するならば、店舗での運営でも、自宅や賃貸マンションでの経営だとしても開業届のみで問題ありません。

事業を開始してから1ヶ月以内に税務署に必要書類を記入して提出しましょう。

青色申告での確定申告にする

個人事業として経営をしていくならば、白色申告よりも節税効果の高い青色申告を選択しましょう。

青色申告では、白色申告よりも複式簿記による精密な会計帳簿を作成する必要がありますが、65万円の特別控除や赤字を3年間繰り越せる繰越控除があるため、税金を抑えることができます

青色申告も開業届と同様に税務署へ届けることになるので、開業届と一緒に準備すると良いでしょう。

脱毛サロンの開業に必要な資金

開業に必要な資金

まず、脱毛サロンの開業で準備が必要となる項目は下記のようになります。

  • 物件取得費
  • 内外装費用
  • 機器導入費用
  • 宣伝広告費
  • 設備・備品・消耗品費

開業で必要となる資金は、規模や店舗の立地、脱毛機器の価格によって大きくことなります。

店舗運営を検討されている方の場合は、物件取得費として家賃の半年〜1年程度必要となり、脱毛機器に関しては、1台約200〜300万円かかると考えておきましょう。

その他の費用を併せても100〜200万円程度かかるので、店舗運営の場合は1,000万円近くの資金が必要になるかもしれません。

開業後の運転資金

開業直後はリピートのお客様も少なく、サロンが認知されていないこともあり、思ったように集客できないかもしれません。

想定している利益を出せない状況を考慮して、最低でも半年間の運転資金を用意しておく必要があります。

毎月の家賃や光熱費などの固定費が10万円なら60万円、30万円ならば180万円といったように固定費が高いほど多くの資金を準備する必要があります。

リース・レンタル契約

高額な脱毛器を開業時に準備することが資金面で苦しい方は、安く使用するためにリースやレンタルを検討しましょう。

機器によっては月額固定で1台あたり数万円程度で利用できるケースもあるため、複数台の導入を検討している方にとっても初期費用を大幅に減らせることは大きなメリットです。

下記記事にて、おすすめの業務用エステ機器についてや、購入する際に気を付けるべきポイントについて解説していますのでぜひご覧ください。

 

不足している資金の調達方法

開業資金を自費のみで工面することが難しい方は、日本政策金融公庫の「新創業融資制度」や各自治体が保証人となって金融機関から融資を受ける「制度融資」の利用を検討しましょう。

融資を受けるためには、事業計画書を作成する必要がありますので、利益を出せるような経営計画を立てなければいけません。

また、ある程度の自己資金がなければ融資を受けられないため、開業を決意した時からしっかりと貯金しておくことも大切です。

参考:新創業融資制度 | 日本政策金融公庫

脱毛サロンを開業するまでの流れ

事業計画を作成し、物件・内装業者を探す

まずは、店舗のコンセプトを決めることで、どのようなターゲット層を狙うか決めましょう

そしてターゲット層を集客しやすい立地を決めることで、スムーズに物件を探すことができます。また、立地を決める際には、周辺に脱毛サロンがあるかどうか、客層・単価・集客の方法をどのように行なっているのかの調査をするなど念入りに調査することが大切です。

物件が決まったら、コンセプトに合うように内装を決めましょう。相見積もりを出して予算に合う業者を選ぶことや、美容サロンの内装に強い業者を選ぶことが重要なポイントです。

助成金や補助金を活用して資金調達をし、融資が必要な場合は手続きする

開業に必要な初期費用や運転資金の全てを自分で用意するのは大変です。

そのため、市場調査などを元に事業計画を作成し、必要であれば金融機関から融資を受けることも検討しましょう。

融資だけでなく、条件に合うならば必ずもらえる助成金で、審査に通らないといけませんが補助金ももらえる可能性がありますので、資金調達に悩まれている方は申請することをおすすめします。

助成金の種類は10を超えますし、条件に当てはまっているかどうか、どのように申請すれば良いのかわからないという方も多いです。

弊社では、助成金の申請に特化した企業を紹介することができますので、気になる方はお気軽にお問い合わせください。

 

ホットペッパービューティー 掲載料金のご確認はこちら

0120-955-323
LINEでお問い合わせ

物件の内装工事や機器の設置

物件の内装が完了したら、脱毛器の導入やインテリアの設置をしましょう。

脱毛器は高額ですので長く使用できるように、メンテナンス保証がついているものを選ぶことが大切です。脱毛の集客で最も重要なポイントは、しっかりと効果を出すことができる機器を選択すること。

効果な機械でも効果が期待できないものや、費用対効果が悪いこともありますので、信頼できるメーカーのものを導入するようにしましょう。

下記記事にて業務用脱毛器の選び方やおすすめの脱毛器の紹介をしておりますので、併せてご覧ください。

集客のための告知

開業前の段階からしっかりと集客できるように、SNSを活用して宣伝をしましょう。SNSのアカウントは無料で開設できますし、拡散性が高いため集客に向いています。

予算に余裕がある場合は、ホームページの作成も検討しましょう。

ホームページは、SNSよりも豊富な情報を更新することができ、店舗としての信頼を高めることにも大きく影響します。

SNSと一緒にホームページを活用することで、ブランディング効果を高めることにもなりますのでぜひ検討しましょう。

開業届を出す

開業できる準備が整ったら、税務署に開業届を提出しましょう。

法人ではなく個人での経営の場合は、開業届だけではなく、節税効果の高い青色申告の申請をしましょう。

65万円の特別控除や3年間の赤字の繰越といった税制面で優遇されますので、忘れずに申請しておくことが大切です。

開業する

これまで説明したことを全て準備ができたら、ようやく店舗を開業することができます。開業することは決してゴールではなく、あくまで経営のスタート地点です。

開業をしてからの集客対策、経営ノウハウの習得、スタッフのマネジメントといった経営に関わる全て知識が必要となります。

安定した経営を続けるためには、常に知識のインプット・アウトプットが大切です。

まとめ

この記事では、脱毛サロンの開業に必要な資格についてや、開業までの流れについて解説しました。

自分の店舗を持ち独立したいという方は多いですが、開業時の申請や資金調達、経営ノウハウを持っていないことで不安に感じる方も多くいらっしゃいます。

  • サロン向けの物件の紹介
  • インフラ設備の紹介
  • サロン向け美容商材の紹介
  • 助成金申請サポート
  • 宣伝広告・経営・集客アドバイス

CIN GROUPでは、上記のような開業・経営アドバイスを行なっておりますので、脱毛サロンの開業で何か不安なことや、ご相談がある場合はお気軽にお問い合わせください。

 

ホットペッパービューティー 掲載料金のご確認はこちら

0120-955-323
LINEでお問い合わせ

関連記事
業務用エステ機器の選び方は?中古と新品どちらを選ぶべき?
脱毛サロンのカウンセリングのコツは?カウンセリングマニュアル
美容系で起業したい!気をつけるべきことや必要なことを紹介

よろしければこの記事をTwitterでシェア♫