サロン集客

リジョブの口コミ・評判は良い?応募が来ない!と悩んでいる採用担当者必見!

  • ENTRY:2022.07.22.Fri
  • | UPDATE:2022.10.28.金

美容室(ヘアサロン)だけでなく、エステ・リラク・マツエクといった美容サロンの求人広告に強いリジョブ。

美容業界は、女性が多く働いており、結婚や出産を理由に退職する方が多く、常に人員不足に悩まされているサロン様も多いでしょう。

スタッフの稼働率が悪くなれば、施術数・営業日数が少なくなってしまうため、売上の減少にも大きく影響します。

この記事では、美容サロンの採用担当者やオーナーの方向けに、「リジョブは本当に採用できるの?」といった疑問に答え、実際にリジョブに掲載をしている人の評判や、応募を増やすためのコツなどを紹介します。

CIN GROUPでは、これまで1,000店舗以上の美容サロンの集客・経営・求人アドバイスを行ってきた実績がありますので、ぜひ参考にしてください。

~弊社のサービス~

test

【CIN Beauty Select】
人気店販商品・V3ファンデーション

test

【CIN Beauty Shelf】
ネイル・マツエク商材ECサイト

test

助成金詳細・申請ページ

test

リジョブ掲載について

リジョブは美容系に特化している求人サイト

リジョブは、求人媒体の中でもエステサロンやリラクゼーションサロンなどの癒しや治療を施すサロンに特化した求人サイトとなっています。

運営元は、株式会社リジョブによって行われており、2009年に設立されてから2022年で14期目を迎える会社です。

リジョブに登録している求職者の数は550,000人、毎月8,000人が増えています。求人数も3万件以上となっており、「美容系の職種を探すならばリジョブ」という意識が求職者に根付いていると言えるでしょう。*

※2022年7月時点データ

参考:株式会社リジョブ

リジョブの評判は良い?悪い?

それでは、実際にリジョブに掲載をしている方は、リジョブの良い点・悪い点をどのように感じているのかを見てみましょう。

良い評判や口コミ

リジョブの良い評判や口コミで、良く目にする評判は下記の3つです。

  • 注目される数が多い
  • 効果が高くスピード採用が可能
  • スカウト機能で理想の人材を探すことができる

求職者が新しい職種を探す時には、GoogleやYahoo!などで「地域+業種+求人」のように検索することが多いです。例えば、「渋谷 ネイリスト 求人」と検索してみるとリジョブのサイトが最も上位に表示されています。*

渋谷だけでなく、福岡や名古屋といった他の都市圏でも同様の検索結果となり、いかにリジョブの求人ページが求職者に届きやすいかがわかるでしょう。

また、リジョブは知名度が高く利用者も多いため、サロンが求める求職者をいち早く見つけることができます

さらに、プレミアムスカウト機能を使用すれば、直接求職者にアプローチすることができますし、経験豊富な方の採用率もUPします。

これから開業される方で「すぐに経験がある人を雇いたい!」、「産休に入るスタッフがいる方なるべく早く人材を確保したい!」と思っているサロン様にリジョブは向いているでしょう。

※2022年7月時点検索表示結果

悪い評判や口コミ

一方のネガティブな評判で見られるのは、下記の2点となります。

  • 地域によって求人差がある
  • 求職者の取り合いになる可能性がある

最初の1点は仕方のないことですが、地域によって求職者や求人数の差があることです。

もし、掲載しているエリアで求職者が少なく掲載店舗が多い場合は、人材の取り合いになってしまったり、そもそも理想的な人材を確保できない可能性もあります。

理想的な状況としては、求職者数が多く求人の掲載店舗数が少ないエリアが採用では有利となりますが、これはコントロールできることではありません。

そのため、欲しい人材が見つかったら、すぐにスカウトを送るなどスピード感が重視されるでしょう。

リジョブの掲載費用はいくら?


リジョブの掲載料金は、月額のシステム利用料金と採用実績の成果報酬料金が発生する仕組みが取られています。

システム利用料金はエリア・プラン・店舗数によって変動しますが、1.5万円前後と安価に抑えられていることも魅力的です。

採用実績は、職種や求職者の経験年数によって変動します。資格や経験豊富な方を採用する場合は、未経験の方よりも単価が高くなるということです。

「せっかく入社が決まったのにすぐに辞めてしまったけど、成果報酬料金を払わないといけないの?」と疑問に思われる方もいらっしゃいます。リジョブでは、30日間の返金保証があることも店舗にとって大きなメリットです。

下記記事でもリジョブ掲載料金について詳しく解説しているので、併せてご覧ください。

リジョブの応募率・採用率はどれくらい?

とある美容サロンのスカウトメールの送信数と応募者・採用数は下記のようになります。

【例】
【サロンA】月に100件のスカウトメール→応募10件→採用2名 (応募率 10%)
【サロンB】月に150件のスカウトメール→応募15件→採用1名(応募率 10%)

スカウトメールを送信してから、求職者が応募に至るまではおおよそ5〜10%が平均となることが多いです。

採用率に関しては、オーナー様の裁量によって大きく変わるので、スカウトメールを送る段階で「どのような人材が欲しいか」を明確しておきましょう

採用率・応募者数を増やすためのコツ


こちらの項目では、「応募者が来ない…。」と悩まれている採用担当者の方のため、応募数を増やし、応募者数を増やし、採用率を高くするためのコツについて紹介します。

プレミアムスカウトを活用する

リジョブの強みの一つである「プレミアムスカウト」を活用することで、応募者数を増やすことにも大きく繋がります。

プレミアムスカウトは、求職者にサロンから直接アプローチすることができる機能です。欲しい人材に直接アプローチすることができるので、店舗に合う人材の確保に大きく役立ちます

送ることのできるスカウト数は、プランによって変動しますが、追加で購入することもできます。

プレミアムスカウトを送る前には、下記のように条件をある程度絞り、欲しい人材をピックアップすることが大切です。

  • 性別
  • 希望職種
  • 雇用形態(正社員、アルバイト)
  • 働き方(週三日未満、以上)

そして、実際にプレミアムスカウトを送る際に「面接1回のみ」といった条件にして、なるべく最終アクセス日が1週間以内のユーザーに送ることが重要です。

複数回面接があると「めんどくさい」、「働くまで時間がかかる」と感じられるため、採用率が急激に落ちてしまう可能性があります。

また、ユーザーの最終アクセス日が確認できるのですが、1ヶ月以上経過している方は、すでに他のサロンに就職が決まってしまっているケースが多いです。

スカウトメールは送信数に上限があるため、無駄にしないように、就職意欲が高いユーザーに向けて送信しましょう。

求職者が多くなる時期を狙う

なるべく効果的に求職者を探したいという方は、2、3月の年度末の時期、長期連休の前後などにスポットを当てて採用に力をいれることもおすすめです。

2、3月の年度末などの節目の時期は、転職を考える方が多くなるに伴い、リジョブに登録する方や転職活動をされる方が増加します。

また、GW・お盆・年末年始といった大型連休の後も同様です。

やりとりを早く行う

応募者とのやりとりや面接の日程を決める時には、スピード感を意識することが採用率を高めるために重要です。求職者のほとんどは、他の求人媒体を活用していたり、同時に複数のサロンに応募しています。

返信が遅かったり、面接日が遅いと、求職者が他のサロンに流れる可能性を高めてしまうため、早急に対応するようにこころがけましょう。

求職者が求めていることを理解する

応募を増やすためには、求職者が何を求めているかを理解しておくことが大切です。

福利厚生や待遇は特に重視されますので、各業態でどのような項目が見られているのかを人気順で紹介します。

【エステサロン】
・社会保険完備
・交通費支給
・ノルマなし
・ボーナス/賞与有り
・研修制度あり

【リラクゼーションサロン】
・研修制度有り
・交通費支給
・ノルマなし
・社会保険完備
・副業/WワークOK

【アイラッシュサロン】
・社会保険完備
・交通費支給
・ノルマなし
・研修制度あり
・ボーナス/賞与有り

といった項目が各業種で見られています。

特にリラクゼーション分野では、未経験でも応募できる分野なので「研修制度有り」が一番求められていますね。

その他は「社会保険完備」「交通費支給」「ノルマなし」といった項目が上位を占めています。

これらの福利厚生面だけでなく、待遇面でも詳細な情報を記載しておくことが大切です。

どの資格を持っていると優遇されるのか、何ができると給料が何%UPするのかを記載することで「自分だったらこれくらいもらえるのかな?」とイメージされやすくなります

また、「歩合なし」のように一言で条件を記載するのではなく、なぜ歩合がないのかの理由、その代わりに提供できる価値などの表記も重要です。
ただ「歩合なし」と書いてしまうと、歩合制を求めている求職者を一蹴してしまいます。しかし、理由や他の提供価値を書いておくことで、不安感を払拭し、反対にサロンの魅力を発信できることにもつながります

働き方や店舗のウリを打ち出す

ノウハウで応募者数を増やすのではなく「このサロンで働きたい。」と感じてもらうためには、働き方のアピールや店舗のウリを打ち出し、他店との差別化を明確にすることが重要なポイントです。

例を挙げると、弊社が担当しているあるクライアントでは、週休3日制を採用し応募数が2倍に増加したというサロン様があります。

働く時間を一日に8時間→10時間に伸ばしているので、1週間で働く時間が変わりません。

「1週間に働く時間は変わらないけど休みが1日増える。」ことに魅力を感じる人が多く、求職者が増えたということでしょう。

また、定休日も変えず、営業時間を伸ばして営業できるようになったため、売上が大きく伸びたという結果になっています。

近年では、給料面の待遇の他にも、働き方が重視される時代です。

すぐには変えることができないことではありますが、他のサロンにはない働き方を取り入れてみるのも良いでしょう。

美容系の求人はリジョブが最もおすすめ


(画像をクリックすると、リジョブ掲載サイトに移動します。)

この記事では、リジョブの評判についてや、応募者・採用数UPを実現するためのコツについて紹介しました。

エステ・リラク・アイラッシュサロンといった美容業界に関しては、採用する時に使われている求人媒体は、ほとんどのサロンがリジョブを使用しています

「応募者来なくて迷っている。」
「自分で上手くリジョブを活用できるかわからない。」
「どのようにスタッフを採用したら良いのかわからない。」

といった悩みを持たれている方は、お気軽に弊社までお問合せください。

弊社からリジョブの掲載をお申し込みいただくと、約9万円相当のオプションが無料になるキャンペーンもありますので、この機会に是非ご検討ください。

下記LINE@でも無料相談、お問合せを承っておりますので、お気軽にご連絡ください。

~弊社のサービス~

test

【CIN Beauty Select】
人気店販商品・V3ファンデーション

test

【CIN Beauty Shelf】
ネイル・マツエク商材ECサイト

test

助成金詳細・申請ページ

test

リジョブ掲載について

関連記事
・【2022年最新版】リジョブの掲載料金はいくら?採用担当者必見!

よろしければこの記事をTwitterでシェア♫