サロン集客

サロンの照明にはどんなものが良い?おしゃれさを出すには?

  • ENTRY:2022.02.02.Wed

美容サロンは、お客様にとって施術を受けるだけではなく、非日常を味わう特別な空間です。

おしゃれなサロンを演出するためには、照明を工夫することでより素敵な雰囲気を作り出すことができます。

この記事では、サロンの照明をどのようにしようか悩まれている方に向けて、照明の種類や、おしゃれな照明の活用方法について解説します。

CINGROUPでは、これまで1,000店舗以上の美容サロンの経営や集客サポートを行ってきた実績がありますので、ぜひ参考にしてください。

照明の種類

全体照明

照明器具は、大きく分けると空間全体を照らす「全体照明」と、部分的に照らす「部分照明」の2種類があります。

全体照明は、広い空間を明るくするための照明のため、天井に取り付けられることが多いです。

調光機能がついているものや、自動で光るものなど便利なものも多く、種類も幅広く用意されています。

サロンの雰囲気は光の色によっても変わるので、コンセプトに合う色合いが出せる照明を選びましょう。

部分照明

部分照明は全体照明とは異なり、狭い空間や一部分を照らす役割を持ち、間接照明とも呼ばれます。

スポットライトや、テーブルスタンド、フロアスタンドが例として挙げられますね。

天井につける全体照明とは違い、動かしやすく一点を明るくできるので、施術中にも役立ちます。

また、天井や壁面に一度光を反射させることで、柔らかく穏やかな光を作り出し間接照明として活用することも可能です。

光の種類や照明のデザインとサロンの雰囲気をうまく合わせることができると、一段とおしゃれなサロンに近づきます。

サロンの効果的な照明の使い方

全体照明と部分照明でも様々な種類があり、デザインはもちろん役割が異なります。

そこで、わかりやすくそれぞれの照明の種類と特徴を表でまとめたので参考にしてください。

全体照明 特徴
シーリングライト 家庭照明で最も一般的なシーリングライトは、どんな部屋でも広い範囲で明るく照らす万能なタイプです。
人の動きに反応して自動でスイッチが入ったり、調光できる段階が多いため便利。
ダウンライト ダウンライトは、天井に埋め込むタイプが多く、複数個を間隔を空けて取り付けます。
天井に埋め込むため、出っ張りがなくすっきりとした印象を与える。
ペンダントライト 天井から吊り下げて真下の空間を最も明るく照らすことが特徴。
サイズやデザインの選択肢が広く、おしゃれな空間作りがしやすいですし、取り付ける位置によっては部分照明としての活用も可能。
シャンデリア シャンデリアは、豪華でおしゃれなデザインであるため、高級感のあるサロンにおすすめ
しかし、重量があるため天井の補強工事や、メンテナンスの手間がかかる。
大型のシャンデリアの場合は、地震の時に揺れ幅が大きいため、取り付け位置や耐久性を考慮する必要がある。

 

部分照明 特徴
スポットライト スポットライトは、一点を集中して明るくするライト。
ネイルなどの施術用のライトだけでなく、絵画やインテリアを照らすための間接照明としても活躍
フロアスタンド フロアスタンドは、明かりをプラスしたい時に使用するスタンド方のライト。
簡単に移動させることもでき、幅広く活用することが可能。
こちらもスポットライトと同様に間接照明として使用可能。
テーブルスタンド お客様が施術中に雑誌やスマートフォンを使用する時に便利。デザインが豊富なので、サロンの雰囲気に合うものを選ぶと良い。
フットライト 階段や廊下、ベッドの周りに取り付けるためのライト。暗い場所をおしゃれな雰囲気にする効果もあり、おしゃれなムードを作り出したいサロンにおすすめ。
ダクトレール ダクトレールは、レールの内側に電流が通っているため、レールの上ならどこでも取り付けが可能。
レールの長さを調整できるだけでなく、好きな数の照明を取り付けられるため自由度が高い。※ワット数には注意
シックな雰囲気のサロンにおすすめ。
ブラケットライト 壁面や柱に取り付ける照明。おしゃれな影を作り出せることが特徴。
おしゃれな補助照明として活用したいサロンにおすすめ。

 

照明の色味

暖色の照明

暖色はオレンジ色のような光で「電球色」とも呼ばれます。明るさは抑えられていますが、温かみのある色でリラックス効果があることが特徴です。

リラックスできる空間が重要視されるリラクゼーションサロンやエステサロン、部分的な場所ならばお手洗いといった場所に使用すると良いでしょう。

しかし、服や髪の色合いが変わってしまうため、ヘアサロンやネイルサロンのような色やデザインが重要なサロンには向いていません。

寒色の照明

昼光色は青みがかった色で、集中しやすい、細かい部分まではっきりと見えるといった特徴があります。

ネイルサロンやヘアサロンに向いていますが、お客様が眩しいと感じてしまったり、目が疲れやすいと感じてしまう方もいるようです。

明るすぎると感じてしまう場合は、太陽の明るさに一番近い昼白色の電球の使用を検討しても良いでしょう。

おしゃれな照明にするには

自分で工夫する

通販サイトで簡単におしゃれな照明を購入することができますが、工夫しなければ他店と同じような照明デザインになってしまいます。

インテリアデザイナーに依頼することで素敵な空間を作ることができますが、大きなコストがかかるでしょう。

そこで、この項目では、コストを抑えながら自分でカスタマイズできる、おしゃれな照明の活用方法を紹介します。

  • 照明の周りを飾る
  • あえて電球をむき出しにする
  • インテリアと組み合わせる

照明の周りを植物(緑)で飾ることで、明るくおしゃれな雰囲気になるだけでなく、植物から反射するやわらかな光によってリラックス効果があります。

テーブルライトやフロアスタンドは白色の明かりで、明るすぎると感じるお客様は多いので、観葉植物を近くに置くだけで目が疲れにくくなるのでおすすめです。

ペンダントライトを検討しているサロンは、あえて電球を剥き出しにすることでおしゃれな雰囲気を出せるかもしれません。

電球を剥き出しにする場合は、お客様に当たらない位置に設置することを忘れないようにしましょう。

照明を活かしおしゃれな空間を作り出すために重要なことは、インテリアと組み合わせることです。

壁に飾っている絵をスポットライトで照らしたり、全体の照明を抑えつつも施術用のベッドにフットライトを設置することで落ち着く明るさを出すことができます。

店舗の内装やインテリアとのデザインに合う照明にすることで、サロンコンセプトを反映した雰囲気を作り出せるでしょう。

商品としてあるおしゃれなものを買う

通販サイトでも十分に実用的でおしゃれな照明を探すことができますが、おしゃれさや個性的な照明を探している方は専門店で実物を見るのも良いでしょう。

ショールームがある専門店ならば、大きさやデザインを見てサロンに合うものが直感的にわかりますし、インテリアとのバランスや色合いを実感することができます。

サロン作りの勉強にもなりますし、照明専門店が近くにある場合は、訪れてみることでインスピレーションを得られるかもしれません。

参考:おしゃれ照明・ライト専門店「AKARILAB」

まとめ

この項目では、サロンの照明の種類や明るさについて解説しました。コンセプトに直結するインテリアや内装と同じくらい照明を意識することも重要です。

おしゃれな空間づくりは、非日常をお客様に提供することに繋がり、リピート客の定着に大きく影響します。

照明の使い方を工夫するだけで、お客様に与える印象は変わりますので、照明に悩まれている方はぜひ記事の内容を参考にしていただけたらと思います。

CINGROUPは、集客に悩まれているサロンオーナー、これから美容サロンの開業を検討されている方のために効率的な広告の運用、経営サポートを行っております。

サロン運営に不安がある方はお気軽にお問い合わせください。

 

ホットペッパービューティー 掲載料金のご確認はこちら

0120-955-323
LINEでお問い合わせ

【関連記事】
エステサロンの内装にかかる費用、色やデザインのポイントについて解説!
ネイルサロンの内装にかかる費用や内装デザインについて解説!【2022年最新】
サロンの外観で意識することは?外装のデザインを考えるときのコツ

よろしければこの記事をTwitterでシェア♫