• 0120-020-698
  • LINEでお問い合わせ

 

集客ノウハウ

フェイシャルエステの開業で失敗しない方法と経営のコツについて解説!

  • ENTRY:2024.06.26.Wed

フェイシャルエステには様々な種類があり、季節や年代を問わずに1年を通して人気があるエステの1つです。

他のエステと比べて未経験からでも始めやすいですが、準備をしっかり行わないと失敗に終わってしまうかもしれません。

この記事では、初心者の方でもフェイシャルエステの開業で失敗しない方法や、他店と差別化するためのコツについて解説していきます。

CIN GROUPでは、フェイシャルエステを含めて約2,000店舗以上の美容サロンに、経営アドバイスやサポートを行っているので、ぜひ参考にしてください。

 

ホットペッパービューティー 掲載料金のご確認はこちら

0120-020-698
LINEでお問い合わせ

フェイシャルエステとは?

フェイシャルエステ

フェイシャルエステとは顔に対して施術を行うもので、目的としては2種類あります。

1つ目は、ハンドマッサージをして、血液やリンパの流れを改善することで小顔効果につなげていくものです。

2つ目は、ケミカルピーリングや角質除去などによる美肌効果や保湿、肌質改善を促すものになります。

最近では、20~30代の若い男性がエステに興味を持つケースが多く、メンズエステ市場が年々成長しているため、今後男性をターゲットとしたエステサロンが増加していくでしょう。

また施術方法の種類は、より高度で幅広い内容の施術が増えてきました。

例えば、ハーブピーリングという自然由来のハーブを使用した施術が、最近話題を集めています。

コロナ禍以降、自分自身に対する美容への意識が高まっており、ハーブピーリングに対しても意欲的な女性が増えている傾向です。

肌へ棘(とげ)状成分を入れ込むことで、肌の負担を減らしつつ自然なターンオーバーをサポートしてくれます。

期待できる効果としては、ニキビや毛穴、乾燥、シワなど様々なお悩みに対応しており、より多くの方に利用していただけるでしょう。

フェイシャルエステの開業で失敗しない方法

フェイシャルエステ

資格なしで開業できるため競合が多い

フェイシャルエステの開業において、特別な資格は必要ありません。

ただし、フェイシャルエステの施術内で顔そりのメニューがある場合は、施術者に理容師免許が必要です。

また、ケミカルピーリングについても医療行為であるため、医師免許を所持している人しか施術はできません。

一方で、ハーブピーリングは美容サロンで施術ができ、資格を取得しなくても開業は可能です。

開業の難易度は低いですが、その分競合が多いため、分析や準備が大切になってきます。特に、認知度アップのための集客や、他店との差別化は注力したい取り組みです。

中には、SNSを活用したWeb集客に挑戦したいけど、運営方法が分からず、集客に失敗してしまうケースも少なくありません。

また、エステサロンの数が年々増え続けて、どの店舗とも似たようなコンセプトになってしまい、差別化に悩むオーナーも多くいます。

せっかく開業したのに失敗で終わらせないためにも、十分な準備と分析を行なっていきましょう。

スクールなどで資格を取って差別化する

上記でも説明した通り、フェイシャルエステは資格がなくても開業できます。

しかし、お客様にある程度一定の施術をするためには、十分な技術と経験があるとより望ましいでしょう。

そこで、開業前に専門的な知識を得るために、スクールに通って資格を取得するのもおすすめです。

フェイシャルエステの資格は国家資格ではありませんが、民間の認定資格はあります。

フェイシャルエステの資格を提供している団体と、おすすめの資格は下記の3つです。

・AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン
(日本エステティック協会)

・AEA認定エステティシャン
(日本エステティック業協会)

・Beauty Therapy Diploma
(CIDECO-NIPPON)

資格を取ることで、お客様にも安心して施術を受けていただくことができ、信頼度アップにもつながります。

各資格の詳細については、下記の項目で解説しますので、ぜひ合わせて読んでみてください。

経営スキルを身に着ける

フェイシャルエステサロンを開業するのであれば、オーナーとしての経営スキルも必要になります。施術のスキルを身につけてサロンを開業すれば、自然とお客様が来店していただけるわけではありません。

特に美容業界は数字に苦手意識があったり、集客やマーケティングの知識を持っていなかったりする方も多いです。

持っておきたい経営スキルとして、下記のようなものが挙げられます。

  • コンセプトやターゲット決め
  • 売上目標設定や戦略立案力
  • 従業員へのマネジメント力

経営が初めての方は、経営者セミナーに参加したり経営コンサルタントに相談したりと、積極的に経営スキルを身につけていくと良いでしょう。

フェイシャルエステを開業するまでの流れ

開業までの流れ

コンセプト/ターゲットを決める

エステの開業を決めたら、まずお店のコンセプトを決めていきましょう。

具体的な設定内容は下記のような項目です。

  • 施術内容
  • 開業する場所
  • 使う機器の種類
  • ターゲットの選定

またターゲットを決める際は、ペルソナ設定を意識しましょう。

ペルソナとはマーケティング用語として、商品やサービスのユーザーモデルを詳細に設定したものを意味しています。

フェイシャルエステにおけるペルソナの設定を、下記を参考にして作ってみましょう。

・年齢
・性別
・居住地域
・居住情報(実家、1人暮らし、持ち家)
・職業
・年収
・よく使うSNS
・現在の悩み
・悩みを解決してどうなりたいか

(例)
・33歳
・女性
・都心部から電車で20分のエリア
・夫とマンションで2人暮らし
・営業職
・手取りで月収35万
・Instagramをよく使う
・結婚式の前撮りで色々なドレスを着て写真を着たい
・仕事の疲れで肌荒れが悩み
・肌をきれいにして、自信をもって前撮りの日を迎えたい

ペルソナ設定のメリットは、ユーザーのニーズが明らかになり、心に刺さる施術やサービスの提供がしやすくなることです。

このように、細かくコンセプトを決めることで理想のサロンに近づき、サロン開業も成功する確率がアップします。

季節や年代を問わず人気のフェイシャルエステだからこそ、明確なコンセプトを持って、他店と差別化ができるようにしていきましょう。

開業方法の決定

フェイシャルエステの開業方法としては、店舗型・賃貸マンション・自宅サロンの三形態があります

それぞれにメリット・デメリットがあり、開業コストも変わってきますので、ご自身にとって最適な開業方法を選んでみてください。

運営形態 メリット デメリット
店舗型 ・理想のお店を作りことができる
・広告費を抑えて集客ができる
・初期費用が他と比べて高い
・家賃がかかる
賃貸マンション ・初期費用を抑えられる
・プライベートサロンのような落ち着いた雰囲気を演出できる
・エステサロンを開業できる物件が少ない
・内装を自由に変えられない
・集客が難しい
自宅サロン ・初期費用が抑えられる
・家賃の心配がない
・出勤時間がかからない
・家事や育児と両立できる
・生活感が出やすい
・近所とのトラブルになりやすい
・ネットに住所を公開すると危険

エリアを決める

店舗型や賃貸マンションでの経営を行う場合は、集客できる立地を選ぶ必要があります。

お客様がお店を選ぶ時に重視しているポイントとして、立地が挙げられるでしょう。

自宅や職場から近く、アクセスしやすい場所かどうかで、お客様が継続的に来店してくれるか決まってくるのです。

つまり、サロンの立地が開業の成功を決めると言っても過言ではありません。まずは、自分があらかじめ決めたターゲットがどこに多く住んでいるのか、利用するエリアはどこなのかを絞っておきます。

例えば、都心部は電車やバスで移動することが多いため、駅前で探してみます。

地方であれば車移動が多いため、駐車場スペースが確保できる場所で探すといったようなことです。

場所が見つけにくいサロンやアクセスが不便なサロン、人通りが少ないサロンなど、マイナス要素が含まれた立地は避けるようにしましょう。

弊社では集客しやすいエリアや、おすすめの物件なども紹介できますので、お気軽にお問い合わせください。

 

ホットペッパービューティー 掲載料金のご確認はこちら

0120-020-698
LINEでお問い合わせ

開業資金を集める

費用 店舗型 賃貸マンション 自宅サロン
物件費 160万円~ 60万円~
内装・リフォーム費 200万円~ 20万円~ 20万円~
備品代 30~100万円 10~50万円 10~50万円
消耗品代 20万円~ 10万円~ 10万円~
広告宣伝費 10万円~ 10万円~ 10万円~
合計 420~600万円 110~300万円 50~110万円

前の項目で説明した開業形態ごとに、初期費用はいくらになるのかまとめました。

上記のように、エステサロンを開業するためには膨大な費用がかかるため、資金調達が必須となります。

主な資金調達の方法としては次の3通りです。

  • 自己資金
  • 助成金、補助金
  • 日本政策金融公庫

自己資金では準備できるお金も限られてくるため、すべての費用をまかないきることは難しいでしょう。

次の項目からは、融資や補助金・助成金について詳しく解説していきますので、引き続き読んでみてください。

融資

日本政策金融公庫という財務省管轄の政府系金融機関があり、融資は中小企業や小規模事業者が利用可能です。

メリットは下記のようなものがあります。

  • 創業してすぐでも融資の審査が通りやすい
  • 無担保、無保証人でも融資を受けやすい
  • 民間の金融機関に比べて金利が低い

ただし、事業計画書の作成が必要であることと、創業資金額の10分の1以上の自己資金を用意しておくことが必要ですので、事前に準備しておきましょう。

自己資金はあくまでも目安ですので、準備できるだけの資金はできるだけ多く準備しておくと安心です。

補助金/助成金

項目 補助金 助成金
管轄 経済産業省や地方自治体 厚生労働省
受給難易度 採択者に上限があるため、難易度は高め 条件を満たせば、原則的に受け取れる
申請期間 1か月程度 長期間(助成金の種類による)
返済 不要 不要

融資のほかに、補助金や助成金を利用してみるのも1つの方法です。

2つの違いについての比較は上の表の通りです。

開業時に活用したい補助金・助成金を3つご紹介します。

  • 小規模事業者持続化補助金
  • IT導入補助金
  • キャリアアップ助成金

なお、申請する際には次の点に注意しましょう。

・基本的に後払いであるため、開業時にはある程度の資金の準備が必要
・申請期間が決められており、申請時期を逃すと次年度分の申請になってしまう
・補助金は、採択者数や予算が決まっているため審査があり、支給は確約ではない

気になる補助金・助成金があれば、ぜひサイトで最新情報をチェックしてみてください。

参考:IT 補助金2024

物件の契約/内装工事を行う

エステサロンの物件選びの流れとしては、下記の通りです。

1.事業計画の作成
2.物件の希望条件を選定
3.物件探し・内見
4.申し込み・審査
5.融資申し込み・決定
6.契約締結
7.引き渡し・内装工事

また、物件を選ぶ際は次の項目を意識してみてください。

  • ターゲット
  • サロンの雰囲気、コンセプト
  • 価格設定
  • 設備、規模
  • 賃料の上限
  • 近くに競合店はあるか

どのようなコンセプトのエステサロンでも、お客様は身体的な美しさだけではなく、精神的な癒しを求めて来店されます。

そのため、より多くのお客様にサロンを利用していただくためには、落ち着きのある非現実的な内装づくりを意識することが大切です。

使用する建材や施工方法、現在の設備状況によって工事内容が変わってくるため、費用に大きな差が出てくるでしょう。

例えば、個人経営で20坪のサロンの場合、300~700万円程度の内装工事費がかかります。

費用を抑えながら、理想のサロンを作っていくためには、お金をかけるところとかけないところの線引きをしっかりしておきましょう。

メニューを決める

数多くのエステサロンの中からお客様に来店いただくためには、メニュー作りの工夫が必要です。

どのような視点でメニューを作れば、より多くの集客につながるのでしょうか?

注目すべきポイントは以下の通りです。

  • 自サロンの強みを明確にする
  • ターゲットを設定する
  • 料金を下げすぎない
  • トレンドを取り入れる
  • お客様のニーズを取り入れる

お客様がエステサロンを選ぶ基準として、自分の希望や悩みにあった施術が受けられるかどうかにあります。

そのため、メニューを作る時に、お客様が自分の悩みが解決できるメニューか分かるようにアピールしていきましょう。

また、価格設定を低くしすぎると利益を出すことが難しくなり、サロンの運営ができなくなるリスクが発生します。

他店との差別化をしっかりと行い、適正な料金でサービスを提供できるように、自サロンの強みを確立していくことが重要です。

開業届を提出する

開業届を出さないと、国が適切な事業所得や支出が確認できず、脱税を疑われてしまいますので注意しましょう。

開業届を提出することで、下記のようなメリットを得ることができます。

・青色申告で税申告ができるため、特別税額控除が受けられる
・屋号を使った銀行口座を作れる
・個人事業主向けの共済等に加入できる

手続きとしては、サロンを開業してから1か月以内に、国税庁ホームページから申請書をダウンロードして必要事項を記入し、管轄する税務署に提出するという流れです。

開業届は、確定申告をして納税を行うための必要な書類になりますので、提出漏れがないように準備をしておきましょう。

参考:個人事業の開業・廃業等届出書

集客対策を行う

エステサロンの開業前はやるべきことが多くありますが、それと並行して集客対策も忘れずに行っていきましょう。

せっかく一生懸命に準備をしてきたのに、集客対策が十分できていなかったために、開業が失敗に終わってしまう事態にもなりかねません。

まず、オープンしてからすぐに多くのお客様に来店していただくためには、遅くても開業予定日の1か月前から集客対策を行っておくことが必要です。

集客におすすめの方法は下記の通りです。

  • サロンホームページ
  • チラシ、ポスティング
  • SNS
  • Web広告
  • ポータルサイト

集客が失敗してしまう原因として、価格の安さにこだわりすぎて採算が合わなくなってしまったことや、広告にお金をかけすぎて収支がマイナスになってしまったケースが多く見られます。

大切なのは、集客に使う予算を前もって決めておいて、その予算内でできることを実践していくことです。

特に役立つ集客ツールとして、ホットペッパービューティーをおすすめします。

美容業界最大級の集客力がありながら、個人サロンのような小規模サロン向けの掲載プランもあり、無理のない金額から始めることが可能です。

また、予約管理や顧客管理などのシステムツールが無料で利用でき、サロン業務を効率的に進めることができるでしょう。

ホットペッパービューティーではサロンのオーナー様に向けて、様々な料金プランを用意しています。

最も費用対効果が見込めるプランをご提案させていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

 

ホットペッパービューティー 掲載料金のご確認はこちら

0120-020-698
LINEでお問い合わせ

他店と差別化する方法

差別化の方法

効果の出る商材を取り扱う

他店と差別化を図るためには、効果の出る商材を取り扱うことが重要です。

市販では手に入れることのできない、業界初といった付加価値のある商材を選べば、競合店にはない強みになることでしょう。

お客様も「最新の施術が受けられるなら、あのサロンに行ってみよう」と来店してくれるかもしれません。

最近では、日本で知名度が上がってきているララピールがおすすめです。

韓国で大人気の施術で、ハリやしわやたるみの改善、毛穴の引き締めに効果があります。

ハーブピーリングと同様に、ダウンタイムがほぼなくリスクも少ないため利用しやすいことが特徴です。

詳細が分かる説明会の参加もできますので、気になる方はお気軽にお問い合わせください。

資格を取る

序盤でご紹介した民間の資格について詳しくご紹介します。

短期間で取得できるか、通信で取得できるかなどのポイントもまとめていますので、ご自身にピッタリの資格を見つけてみてください。

AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン(日本エステティック協会)

日本で1番伝統のある日本エステティック協会が発行している資格になります。

『AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン』は日本エステティック協会が発行している資格の中でも難易度が低いため、エステティシャン初心者の方におすすめです。

エステサロンの開業を考えている方は、まず『AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン』の取得を目指してみましょう

『AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン』の受験内容については下記の通りです。

受験資格 資格取得条件 試験内容 受験料
1.エステについて学習している
2.エステ関係の仕事をしている
1.協会認定校もしくは養成施設でフェイシャルエステコースを60時間以上修了している
2.800時間以上実務経験がある
3.AJESTHE登録教室で所定のフェイシャルコースを60時間以上修了している
筆記試験 ・個人:税込8,200円
・団体:税込7,700円

さらに上位の資格も用意してあるので、気になる方は公式サイトで確認してみてください。

参考:AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン・AJESTHE認定ボディエステティシャン

AEA認定エステティシャン(日本エステティック業協会)

日本エステティック業協会が発行する資格の中で、1番ベーシックな資格になります。

これからさらにレベルアップしたい方で、実務経験1年以上、2年未満の方におすすめです。

実務経験が2年以上の方は、上位資格である『AEA上級認定エステティシャン』に挑戦してみると良いでしょう。

『AEA認定エステティシャン』の受験内容は下記の通りです。

受験資格 資格取得条件 試験内容 受験料 資格登録料
1.認定校でのカリキュラム履修時間数300時間相当の修了(通学または通信)
2.実務経験2年以上
エステティシャンセンター試験に合格後、AEA認定エステティシャン登録申請を行う ・筆記試験
・技術試験
税込10,560円 税込14,850円

Beauty Therapy Diploma(CIDESCO-NIPPON)

世界でも名高いエステティックの教育機関である、CIDESCOが発行するスタンダードな資格です。

CIDESCOの合格基準は厳しく、難易度は非常に高いですが、取得できればハイレベルの技術と知識が身につくでしょう。

サロンを開業したい方や、今後海外での活動を視野に入れている方には、ぜひ挑戦していただきたい資格となっています。

受験方法は、CIDESCO国際認定校を卒業して取得する『学生受験』と、エステティシャンとして働きながら取得する『一般受験』の2種類です。

Beauty Therapy Diplomaの受験内容は下記の通りです。

【学生受験】

受験資格 試験内容 費用 登録料
・CIDESCO国際認定校で1200時間以上のカリキュラム受講
・CIDESCO国際試験合格
・試験合格後、2年以内にエステティックサロンまたはスパで600時間の実務経験
・実技試験
・筆記試験
税込124,300円 10,000円

【一般受験】

受験資格 試験内容 費用 登録料
・エステティックの基礎教育を600時間以上
・エステティックに関連した実務経験3年以上
・受験申込書類の審査に通過すること
・書類審査
・一次試験(筆記試験)
・実技試験
・60時間事前講習
・本試験(実技・技術)
税込267,300円 10,000円

資格取得のための学習方法

上記の資格を取得する方法として3つあります。

①エステスクール・専門学校に通う
②エステスクール短期コースで取得する
③働きながら通信講座を受講する

それぞれの特徴や概要は下記の通りです。

①エステスクール・専門学校に通う

実習時間が多く講師から直接指導を受けられるため、より高度な技術を効率的に身につけたい方におすすめです。

一方で、資格取得までの期間が長いうえに、授業時間や課題などが多く忙しくなることが予想されます。

そのため、働きながら資格を取りたいという方は、次で紹介する短期コースや通信講座を検討しましょう。

エステスクール短期コースで取得する

取得したい資格に集中して、短期間で知識と技術を学ぶことができます。

現在エステティシャンとして活動している方も、基礎の復習やスキルアップにつながるため、受講してみるのも良いでしょう。

資格取得までの期間や通学方法はスクールによって変わってくるため、取得したい資格を決めてから自分に合ったスクールを選ぶことをおすすめします。

③働きながら通信講座を受講する

学習方法は自宅学習とスクーリング(通学)で、専門知識と実践的な技術を学ぶことができます。

スクーリングが必要な日数は1週間~1か月と少なく、日程も自分で選択できるように配慮されているため、働きながらでも無理なく取得したい方にピッタリです。

また、『AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン』はオンラインのみで取得ができるスクールもあります。

スクールによって履修期間やスクーリングの選択方法が異なりますので、自分のペースで学ぶことができるスクールかをよく調べて選んでみてください。

まとめ

まとめ

フェイシャルエステは他のサロンと比べて開業のハードルは低いですが、やるべき準備や対策が多く、経営が初めての方は不安に感じたかもしれません。

フェイシャルエステの開業を成功させていくためには、集客対策の徹底や競合店との差別化がポイントになってきます。

自分で対策を立てていくことも大切ですが、経験が豊富な専門家に相談することで、より広い視野でサロンの運営ができるでしょう。

ホットペッパービューティーでは、多くの経験を積んできた営業担当者が、あなたのサロン開業を前面的にサポートしていきます。

まずは下記のフォームからお気軽にお問い合わせください。

 

ホットペッパービューティー 掲載料金のご確認はこちら

0120-020-698
LINEでお問い合わせ

関連記事
【プラン料金表】ホットペッパービューティーの掲載料金はいくら?お申し込み/ご契約について
自宅でのエステサロン経営は儲かるの?失敗しないコツや注意点についても解説
エステサロンの利益率はどれくらい?利益率を高める方法についても解説!

当サイトの記事は一部PRを含む場合があります。